おどらにゃそんそん

好きなものを摂取しながら楽しく生きたい

死を想う〜初めてペットのフェレットの死に立ち会って〜

大体半年に一回くらい更新するでおなじみのこのブログです。おげんきですか。

本来であれば新型コロナウイルス感染症の大流行という、大パラダイムシフトでの過ごし方や見られなくなったエンタメへの嘆き、 あとどんな浪費をしたかのまとめくらいを書いておきたかったのだが(この記事を書いたら書きたいんだ)、 どうしても、今回ちゃんと文章に残しておきたかったので、こうして書いている。

多分めっちゃ長くなるので目次

記事概要(誰に向けて書いているか)

2020年8月9日、ペットのフェレット、銀ちゃんが永眠した。だいたい、享年7歳半。多分死因はインスリノーマから引き起こされる低血糖。 約一日ほどかけた、死への旅路を、横で見守った。

後々、Twitterを漁っていたら、どうやらこのブログ(当時ははてなダイアリーだったな、懐かしい)で彼のことを書いていたらしい。 名前をつけるということ - おどらにゃそんそん 自画自賛であるが、7年前のそわそわした気持ちが蘇ってくる、どこかこそばゆい、でも嬉しさの伝わってくるいい文章だなあと思った。

そんな彼の、死への旅路をみつめて、思ったことをまとめていきたい。

想定読者(?)は以下の4パターン。

  1. 彼と同じく、低血糖フェレットの死に立ち会う予定の人。
  2. 今ペットを飼っていて、死んだあととかにどうなるかちょっと覚悟をしておきたい人。
  3. 他者の死に立ち会った人間、筆者ががどういうふうに想うのか、知りたい人。
  4. 暇で、長くて、湿っぽい文章を読みたい人

何より、私が読み返したいから、まとめておく。

フェレットの死への旅路の詳細(低血糖のときの症状)

一応対象読者は「フェレットを飼っている人」です。 長いですが、ある程度詳細に、「こういう事例もあったんだ」というのを感じてもらえたら嬉しい。

フェレット 低血糖 最期」で検索すると、壮絶な最期を……というのでとてもビビっていたが、 私は受け止められたくらいの、壮絶さだったというのを先に書いておく。

8月7日までの様子

前提として、彼はずっと胆嚢を悪くしていて、さらに一昨年くらいからインスリノーマを発症していた。 いろんな薬を与えていた。 フェレットは、そもそも病気になりやすい生き物で、特にインスリノーマはなりやすい。 インスリノーマは糖尿病の逆で、血糖値が下がりやすくなってしまう病気。 なので、しょっちゅうご飯を食べる必要があった。

「できれば数時間に一度、頻繁にご飯をあげてください」とずっと主治医さんに言われていた。家族構成は私、夫、フェレット、猫2匹。 私も夫もIT業界勤務のフルタイムワーカーで、そんな頻繁にあげられるわけがなかった、申し訳ないけれども。と思っていた。 そこにやってきた、新型コロナウイルスの流行。こういってはなんなんだけれども、コロナのおかげでほぼフルリモートワークになり、 銀ちゃんの介護がちゃんとできるようになった。本当に、それはありがたかった。(きっとそういう人、いっぱいいるんだろうな) 仕事は二人して二階だったが、トイレは一階で、トイレに行く度に様子を確認していた。

多分2020年の3月に、一度低血糖の発作と思われる状態になっていた。その時は、高栄養のペーストを口の周りに塗ったくり、 シリンダーで口の中にいつもあげている缶詰を入れて、なんとか一命をとりとめていた。一応、その後病院に行き、点滴をしてもらっていた。

だんだんと、7月くらいかなあ。後ろ足が動かなくなっていった。歩こうとしても足がすかすかして、うまく動いていなかった。 足が動かなくなったせいだろう、トイレにたどり着く前に粗相する回数も増えていた。

夫とも、「自分で食べられなくなったら、もう諦めよう」という話はしていた。

8月に入って、食欲ががくっと落ちた。本当にちびちびとしか食べていなかった。それまでの4分の1も食べられていなかったと思う。 前から、人間の指や匙で口の前まで持って行くと「これ美味しいんだな」というのが想起されるのか、皿の方の食事も食べる、みたいな状態だったのだが、 8月に入ってからは指、匙のものも全部は食べ切れず、それきりになっていた。 なので私は前よりも頻度を上げて、大体2時間おきくらいに私がトイレいったり外出たりして寝室の近くに行っていたので、その度に指で口の前にもっていって食べさせていた。

毎朝彼にご飯をあげる役は私がやることが多かったのだが、最後の一週間、ドーム状のベッドの中が、前よりも少し冷たいなと感じてはいた。 また、8月5日、変な便が出た。いつもより赤っぽい色だった気がする。それで動物病院に連れて行っていた。 主治医の先生からは便に特におかしい様子はないが、胃腸が弱っているのかもしれないと更に整腸剤と下痢止めが処方されていた。 「少しでも長く一緒にいたいのなら、食事が細くなっているのなら、シリンダー等でこまめにごはんをあげてください」とも言われた。 そうだよな長くはないよな、と思った覚えがある。

8月8日。死への旅路への始まり。

そして8月8日。山の日込の三連休初日。朝からあんまり食べなかった、本当にちび、ちび、となめる程度。 私は朝9時からAmazonPrimeでアンナチュラルを一気観し、昼からぐらんぶるとかいうアホ映画を見た。 帰ってきたのが17時半すぎで、一度銀ちゃんのケージは見たっけ。見なかったっけ。覚えていない。 でも、結構気にしながら出ていったから、見に行って、 ご飯食べてないなベッドで寝てるな、ってお皿に残った高栄養のウェットフードを口の前に持っていった気もする。

飯を作る気がしないと宅配寿司を注文して、それの受け取りが終わった19時半ごろ。 銀ちゃんのケージを確認しにいったら、うつろな目をして、ベッドの外の床で倒れていた。

まばたきは全然しない、呼吸に合わせて、お腹のあたりが動くだけ。 二階の夫を呼び、とりあえず、口の周りにペーストを塗ったくった。何なら唇をめくって歯にも塗った。 なめたり、ごくりと喉を鳴らしたりは、ろくにしなかった。 3月の発作もそうだったから、そのときはシリンダーで喉にちょっとずつ高栄養の缶詰を押し込んだが、今回はしなかった。 本当に食欲が落ちていたし、きっと蘇生しても、短いだろう。それなら、看取ろうと話し合って、決めた。

低血糖で調べると、症状が進むと意識もうろうや昏睡等の文字が見える。 多分この段階で、意識はほとんどないのだろうな、そう思わせるほど、反応は薄かった。 とりあえず、何度もなでたが、その日のうちは、ほぼ反応がなかった。

夫と見ているのを交代して頼んでいた寿司を食べたが、人生で最も味気なく、どうでもいい寿司になってしまった。すまない、寿司。 その日一日、アホほど泣いた。もう長くない、というのはわかってきても、どうしようもなく泣けた。

寝たのは12時くらいかなあ。発見から5時間、ちょっとだけ呼吸の回数が遅かったように感じたのと、全身が、少しずつ冷たくなったような気がした。

8月9日。

その日はなかなか寝付けなくて、また、悪夢もいっぱい見た気がする。 4時ごろいちど目を覚ました。銀ちゃんのケージからゴソゴソ音が聞こえた気がした。 トイレの近くになるように移動していたが、トイレに行く前にうんちとおしっこをしていた。 ゆっくりと呼吸するだけで、まばたきやその他の活動はしていなかった。 最後の最後まで、ちゃんとトイレでしようとするなんて偉いな、と周りと体をかるくきれいにし、 また、きっと一度意識がもどっていたようだったのでとりあえず口の周りにペーストをぬったくったが、なんの反応もなかった。

寝直すことができずに、少しピアノを弾いた気がする。こういうときに、イヤホン使える電子ピアノは便利だった。 その後、また6時とかに仮眠をした。 朝方5時とか6時に、少し「きゅーーーー」という鳴き声を聞いた気がする。

フェレットを飼っていない人は知らないかもしれないが、フェレットは本当に鳴かない。 鳴き声を聞いたことがあるのは、足を踏んでしまったときと(そのときはなんともなかった)、たまに寝言で「きゅふ」っというくらい。 あとは興奮時の「くっくっ」というとても小さな音くらい。 なので、めったに鳴き声は聞こえないのだ。 だからこそ、低血糖の最期のときの声に驚く、というのもあるのかもなと思う。

朝9時くらいに目覚める。自分の熱を何度測っても37.3度以上で、何時もより0.5度ちかく高くて驚いたが、きっとストレスのせいだということにしたい。 その段階では静かに呼吸をしているだけだった。あんまり食べてないのに、意外と保ってるんだな、まだ生きようとしているのか。 昨日の時点で無理矢理でも口を開けさせて食料をいれるべきだったのか、とも思った。

10時頃から横たわった状態でたまに手足が動き始めた。犬かきみたいな感じを想像してもらえると、わかりやすいと思う。 10時45分ごろ、「くきゅるるるるうう」という大きな声を出したと思ったら、連続して動く、いわゆる痙攣の状態になった。 口の周りに、よだれというか泡みたいなものも出始めた。 呼吸なのか鼓動なのかまた別の何かに合わせて、前足を犬かきのように一度ばたつかせ、首が後ろにびくっと動き、後ろ足も同様にばたつかせ、が、だいたい一秒ごとに連続して行われた。その1ルーチンが、1分おきとか、30秒おきとかでくりかえされた。 全身が同時にびくびくと連続してのけぞって喚き続けるを想像していたので、そこまで壮絶、とは感じなかった。 「反射」なんだなと思った。 たまに「ぎゅるるるる」「くきゅうううう」と鳴くことはあった。 どんどん首が後ろに行こうとしていたので、何度か首の位置を直しつつ、早くおさまるといいねと願いながら背中等を撫でた。 11時15分ごろ、一度意識が戻ったようだった。一瞬だけ痙攣ではなく、私の手に頭をよせて、まばたきをした。 一瞬だけでも戻ってきてくれたんかな、そばにいるからな、と声をかけながら撫でたが、その後瞬きはしなかった。

これは日記を読み返しながら書いているが、大体うちの銀ちゃんは、10時過ぎから14時くらいまで、痙攣発作をしていたようだった。 7年半もこの世にいて、あの世にいくという「魂の切り離し」が行われるのだから、そりゃあ苦しいよなあ、と思っていた。 最初の動きがまるで犬かきみたいで、頑張って苦しみながら、上へ上へいっているのかな、とも思った。 だから、そこまで壮絶、とは思わなかった。そりゃそうだ、死ぬのだものと割り切れていた。

痙攣が終わったあとはただ静かに呼吸をしていた。時間がたつにつれ、体から熱が抜けていくのを感じた。 ずっと横にいて撫でたりしながら泣き続けるのもなんなので、夫に交代で見てもらったりもしていたが、遊ぶ気にもなれない。 一番しっくりきたのがピアノで、何も考えなくて済むからと思ったけれども、最近練習していた「いつも何度でも」はあまりにもそれっぽくて、 弾きながら号泣していた。いい曲。

16:45くらいかなあ。夫がポテチが食べたいと2階に来た。「結構、体力あったんだねえ」なんて話をしていて、1階に戻ったときに私を呼んだ。 「呼吸が止まってる気がする」と夫が膝の上に横たわらせた銀ちゃんを見せてきた。 アホほど泣いたなーーーと思っていたけど、本当に死んでしまったタイミングでは、まーものすごい量の涙が出てきた。 「もう覚悟してたし」とそれまで涙を見せてなかった夫も泣いていた。

体をふいたりするために持ち上げると、だらん、としていた。完全に魂がなくなると、こんな風になるのか。そう思った。

とりあえずすぐに体を拭き、箱に保冷剤を入れた。 本当にたまたまだが、その日夫がラム肉の塊を注文していて、ほどよいサイズのクール便の発泡スチロールがあったので、そこに保冷剤とともに入れた。 その日のうちに葬儀業者を決めるのと、翌週に入っていた動物病院に亡くなったのでキャンセルで、ということを連絡した。

以上が、死への旅路への記録である。 確かに低血糖の症状で、痙攣と鳴き声は辛いかもしれない。そこはちょっと覚悟をしておくといいのかもしれない。

夕飯は、コンビニで麺類と甘いもの、そしてビールを買って食べた。悲しいが、気は楽になっていた。 熱は、平熱になっていた。 寝る前にお茶を淹れるときに、ご飯をあげるときの木匙が出てきて、泣いた。 寝る前に、保冷剤を交換した。ぐにょぐにょしていた体は、丸まった形で固定されていた。

8月10日。祝日。火葬。

朝熱を測ったら、平熱どころか36度前半で、いつもより0.5度低かった。なんか私からも抜けたんかなと思った。 朝にまた保冷剤を交換した。クール便用のものだったからから、あまり溶けていなかった。 14時ごろに火葬業者がやってきた。今回は移動式の火葬業者にした。 火葬業者には大きく2種類あって、人間同様、火葬場で火葬してもらうのと、トラックの荷台に火葬装置があって、それで火葬するものだ。 業者さんに、どこにします、と普通の路上を提示されて少し驚いた。わりと近くの業者さんだったから、業者さんの駐車場とか行くのかと思ってた。 近所の小学校と中学校の間の道路を指定した。祝日だったので、人通りは少なかった。 トラックが改造してあって、運転する業者さんの他に二人乗れるようだったので、私と夫で乗り込んだ。膝に銀ちゃんの遺体を抱えつつ。 現地につき、少し待つと、「準備ができました」と声をかけられたので、トラックの荷台の方に行った。 白いシーツが敷いてあって、そこにご遺体と、飾り付けをして、最期のお別れをしてくださいと言われた。 お花買ってくればよかったかな、と言われたけど「別に本人が好きだったわけでもないし、大丈夫でしょ」と言われた。 木匙に、ここのところのメイン食料だった缶詰とペーストを入れたのと、昔ちょっと遊んでたおもちゃを入れた。 「毛の一部を残されるお客様もいらっしゃるようですがどうですか」と言われたのでハサミを借りてちょっと毛を切った。 夫が猫やいたちの落ちているひげを集めるのが趣味だったが、このときにひげももらっておけばよかったなと今もちょっと後悔をしている。 最後に何度か体を撫でた。毛は柔らかかったが、手のあたりは固まっていた。ひんやりとしていた。 離れると、火葬を始めます、とガコンと音がして大きな機械の中に入っていった。 近くで待てるとの話だったが、あまりにも暑かったのと、もうすっきりしたかったので、歩いて家に帰って、銀ちゃんのケージを 片付けた。ケージの、ドーム状のベッドの独特の臭いを嗅いで、また号泣した。寝室が広くなってしまった。 30分ほどで電話があり、同じ場所に戻った。こちらがご遺骨です、と白い布をとったら、小さな頭蓋骨と、カサカサした骨があった。 その骨を人間みたいに銀の箸で拾って、小さな骨壷にいれた。ちょっとかわいい布に入れられた骨壷を受け取って、そのままセミがうるさい中、 汗を垂らしながら帰った。

その日のその後は、2時間ほど休憩して、今日はいきなりステーキだ、肉だ、日々の活力は肉が作る、といきなりステーキにいき、 ちょっと買い物をした。まるで「ふつうの三連休」を最後に取り戻すかのようだった。 色々必要なものを買うなどして、ちょっと元気を出した。

以上が、死の旅路への詳細だった。本当にものすごく泣いて頭痛がやまなくてやばかった。 少しでも、フェレットの最期に寄り添う人の情報の足しになるといいなあ。

死後いろいろやったことと、今ペットが生きているうちにやっておくといいこと。

その縁に立ったタイミングで詳細に日記に残しておくといいかもしれない。

上の記録部分はすべて日記から拾って書いている。いろいろな感情が溢れ出ると思うので、文字にして残しておくといいと思う。 普段から、もっと楽しいこととか、そういう記録は大事だなとも思う。人間は忘れるので、ちゃんと残して置くと、あとから思い出すきっかけにはなると思う。

火葬した人はペット仏壇で検索するとフォトフレームつきの骨壷収めるやつがあるから便利だよ

骨壷の処理をどうしようかなあ、ホコリまみれになるしなあと骨壷をアクリルケースで囲おうとしたんですが、 ペット 骨壷 収納で検索していたところ、小さ目の仏壇的なものがあることを知った。 安いのだと5000円くらいであったりするので、今後まあずっと持っておくものとして、そのときに調べてもいいと思う。

写真はちゃんと撮影しておくといいよ

どうしても、後半の写真は少なくなっていた。もっと撮影しておけばよかったな、と思わなくもない。 病気と年齢で、だいぶみすぼらしくなっていたけれど、今思えば、やっぱりかわいいなと思う。 ので、個人的には2週間に1度、写真撮るタイムとか作ってむりやり写真撮りまくるといいと思います。

GooglePhotoの共有アルバムは便利だからAndroidユーザーは使うといいよ

GooglePhotoくんは人物やペットを勝手に判断してタグづけしてくれる機能があるが、それで写真をピックアップして共有アルバム化して家族と共有しておくと便利だと思う。 ついでに、今家にいる2匹の猫のアルバムも作成して夫と共有したが、夫が写真をとっても私が写真をとっても、撮影しただけで判断して共有アルバムに追加してくれて、さらに通知までくれるのだ。 問題としては勝手にタグづけがされるので間違ってるときは手動で削除しなきゃいけないこと。 あとフェレットはあんまり学習されていないのか、結構判別して入れてくれないので手動でいれる必要があるくらいか。(似た毛色だと間違って分類とかもありそう) うちは二人してメイン機がAndroidなので大変便利でした。

フォトアルバム作るならあとからページが足せるものがいいよ

NASとかDropBoxから写真をかき集めて、上の共有アルバムにぽいぽいいれて見直した。 多分、見返したくもなるだろうしそのときに便利だろうと思って、フォトアルバムも作ることにした。 最初はphotobackのアプリ版で作っていたが、maxでページ数が36ページで足りねえーーーーーとなったので、 結局は2枚ずつ足せるvistaprintにした。 vistaprintの方はアプリもあるが、「かんたんに選択するだけで!」を謳っているだけあって、 自由度がめちゃくちゃ低いので、PC版のアプリで作成することをおすすめします。 vistaprint、雑にページを足せるので後悔なく写真を詰め込めるのが良さな気がします。結局48ページにまで膨れ上がったので……

フォトブック|おしゃれフォトブックならPhotoback 簡単作成フォトブック、高品質なハードカバー|印刷通販ビスタプリント

photobackさんもPCから編集できるLIFEやBUNKOだと36枚以上行けるんだな。 photobackさん、値段はお安めという利点があるので、そちらも検討してみるといいと思います。 ただ写真が選べない気がする人は安易に足していけるvistaprint、おすすめです。

もしかしたら5年ごととかにアルバム作ったほうがいいのかなーーーーという気もしてきている。 増えて増えて選びきれる気がしない……

死に寄り添って感じたこと

私は今まで、親しい人の「死」にあまり立ち会って来なかった。 せいぜい、小学校のときに担任の先生が急死したこと(本当に担任になってすぐ死んでしまったから愛着もあまりなかった)、曾祖父ちゃんが5歳くらいのときに死んだという印象、高校時代に遠方のじいちゃんが死んだときに、母が泣いていた記憶があること(遠方なので母しか葬儀には行かなかった)、大学のときに中学のそこまで仲良くない同級生が死んだよとなんとなく聞いたこと、一昨年、父方のじいちゃんが「死んだよ」と報告されて葬儀にいったこと。 父方のじいちゃんが死んだときには、やっぱり少し悲しかったとは思ったが、あくまで事後報告であり、「葬儀にいった」といった感じだった。 本当に、「死の瞬間に立ち会う」のは初めてだったように思う。

本当にいろいろなことが頭をよぎった。 死にゆくものを撫でてもあまり意味はないかもしれないが、撫でるという行為に力があってほしいと願うこと。 少しでもこれで痛みが取れたらいいなと、それは残された者が少しでも最期のお別れに頑張ったと思いたいこと。

「虹の橋」とか「死後の世界」とかそういったものは、「今いなくなってしまった者たちが、幸せであってほしいから」うまれたものなのだと。 「消える」というのは、あまりに実感として辛いからなのだと。 だからこそ「弔う」のだと。弔いは残されたもののためにあるんだと。 古代文明で権力者に副葬品もいっぱいあるのも、その世界で幸せに生きていてくれと願うこと、 私も彼に、緑の芝でも掘って遊んでてほしいしうまいもんいっぱい食べててほしい、そう願っている。 今までばあちゃんが仏壇になぜわざわざご飯を飾っていたかわからなかったが、せめてと毎日水を交換している。

多分、「ちゃんと」死に立ち会えたので、とても私は幸福だと思った。 「最期までちゃんと見届けた」「私にできることは、多くなかったしやりきれた」そう思えると、少し楽になる。 逆に言うと「突然死」とか「失踪」とかは本当にやりきれないよな、とも思いを馳せてしまう。

とても悲しいけど、どこかすっきりとした気持ちだ。ただしとても悲しい。 こんなにも悲しいもんなんだというのを、痛感した。それこそ今まで、いろんなエンタメで死は扱われていたが、 実際に自分の真横で生きていたものが死ぬ、というのはこんなにも「悲しい」のかと。 こんな複雑な気持ちになるのか、とちょっと驚くくらい、悲しい気もちと、ああよかったなという気持ちでぐちゃぐちゃしていた。 ただ、一週間たって、うっかり泣く頻度もだいぶ減った。うまく、内面化できてくれているんだと思う。 まあ、たまにうっかり思い出の品が出てきて泣くかもしれないが、それはそれでいいんだと思う。

f:id:bloominfeeling:20200703151211j:plain
2020年7月頭の写真。わりとはっきり写ってる、元気なときの最後の写真になっちゃったな。
f:id:bloominfeeling:20200816172745j:plain
リビングの隅に設置した仏壇。シックなブラウンすぎて仏壇力が高いのでもうちょい可愛くしてやりたい。

まとめ

そんな感じで、ちょうど3連休で、かたがついてしまった。しかも1日目は遊ばせてくれて、1日近く最期に寄り添えて、ちゃんと火葬までできた。 ろくに予定がはいってなかったというのも強かった。コロナ禍だしね。 しかもたまたま、年に一度あるかどうかの、クール便で荷物が届いた日だった。どんな偶然だよと今でも思う。 今までそんな空気読んだことなかったのに、なんて空気の読み方だと。 仕事中だったらきっと気が気じゃなかったし、有給は少ないのでハラハラしてただろうし。

まだ、ちょこちょこと思い出しては泣くこともあるが、概ね元気です。 なおこれを書いているタイミングでまた号泣したので、明日が怖いです。 文章化すると、やっぱりいろいろ思い出されて、感情が呼び起こされるなあ。だからこそ、書く意味があるんだなあ。 そんなことを思いながら、この記録を閉じようと思う。

世間ではお盆の最終日らしい。我が家ではいわゆる初七日が終わった。供養として、この文章が書き終えられてよかった。

2019年私が見てきたエンタメ総まとめ

2019年も年末だね!ということで私が見てきたエンタメ総まとめです(私が楽しいやつ) 宝塚歌劇の舞台と

舞台編

昨年から宝塚歌劇団に狂わされていますが、2019年はさらに遠征まで覚えてしまいいよいよ歯止めが効かなくなっています。こわい。 新人公演も初めて見られて、ああーこうちがうかーみたいなのも楽しめました。 チケットの取り方もだいぶこなれてきて実力があがってきた気がする。宝塚友の会の友情は奪い取るもの。 とりあえず見たやつをまとめていきます。

宝塚編

My初日順です。

基本東京近郊で行けるもので済ませたい(のに済んでない)の方針です。大劇場は全組、別箱は1つが多いっぽいですね。全17作品。 回数については数えたくないので触れないでおきます。

2019年私の私による私のための最高の宝塚歌劇賞発表

勝手に私が作った賞発表です。私だけが楽しいやつです。私の私による賞付なので、異論は聞かないので、ぜひ皆さんの勝手につけた賞を発表してください。私がみたい。

行かなかったけど行けばよかったなと後悔してるで賞

龍の宮物語(バウホール)

バウオンリーはどうしても行きづらいけど、オタクがすごい騒いでいたのが印象的。特に龍の宮はぜっっっったいに私が好きな雰囲気だったろうなというのと 個人的に好きな娘役さんが結構活躍してたらしく、無理して行くべきだったなあ、と思っている次第。 次点は梅芸DC日本青年館鎌足、その次がチェ・ゲバラです

これが見たかった!見させてくれてありがとう!!賞

20世紀号に乗って(雪)

私、望海風斗さんで一番好きな望海風斗さんどれ?って聞かれたらラ・エスメラルダのウインクでさよならの望海風斗って答えるんですよね。 何がいいたいかというと軽率ーな感じの望海風斗が見たかった!!

これでもかというほどに悲劇ばかりの雪組で、超ハイテンションコメディが見られて本当に幸せだった! 鬼滑舌でまくしたてるかのような台詞の戦い!動きも顔も常時うるさい!テンションがひたすら高い! 真彩希帆ちゃんのソロ大ナンバー2つもすっごいよかった!ヴェロニク!(超かわいい

好きなシーンがいっぱいあるお芝居だったな……扉にビタンビタンぶつかる彩風咲奈ちゃんとか、石投げられる望海さんとか、茶番で必死に演技するお医者様久城あすくんとまなはるあーさコンビとか、すぐに好きなシーンが言える作品でした。

ケンカップルで最後の最後には幸せそうなウェディングまで見せてくれて……もう本当にありがとうございました……あの企画を出してくださった阪急の人と原田先生ありがとう! 20世紀号は確かにやった、みんなの集団幻覚じゃないんだ……

次点はGOD OF STARS食聖の武闘派綺咲愛里です。お嬢様が多かったので庶民派っぽいのでカンフーまでしてくれて最高でした。

ベストこの絵が俺は見せたいんだを感じたで賞

夢現無双 吉岡一門との対決のシーン

夢現無双、二回しか見てないからか、私は割と好きなんですよね夢現無双。理由としては私の大好きな齋藤吉正先生の「俺はこの絵を見せたい」がよくわかるから。 その中でも吉岡一門対決シーンは特にそれを感じましたね。 大勢の男、真ん中に座るまだ幼気な少年、散る桜。その中での乱闘。おわったあとについばみにくる烏。 いやあ大変よかったですねあのシーン!! 夢現無双に関しては、美弥さんの退団でなければまた評価が変わった作品だったのではないかなーと思っています。(ただ齋藤吉正先生が好きってのはあるかもですけど

次点はあれかな、霧深きエルベのほとりの夜の港の紅ゆずるかなぁ。

ベスト悪役賞

花より男子 桜子

やっぱり音くり寿ちゃんはハチャメチャにうまいな!!! 一幕後半は完全に音くり寿劇場でしたね。ひどいことしてきたのに可哀想に思わせるあの感じ、豹変感、さすがでございました……。

ベスト楽曲賞

GOD OF STARS 食聖テーマソング 作曲ヒャダイン先生

kageki.hankyu.co.jp

打ち合わせの時、ヒャダインさんが「プロローグの曲は、まず銅鑼の音で始めましょう」とおっしゃったので、「よし、伝わった、もう大丈夫!」と安心して帰りましたね(笑)。

この言葉の通り最高の銅鑼でしたね。テンションの高さ、キャッチーさがさすがのヒャダイン楽曲。 あと、「退団公演のテーマソング」の歌詞として、大変素晴らしかったんですよね。 『今始まる 素敵な冒険 さあ未来を この手で作ろう』。退団は寂しいけれども、彼女たちの新しい門出。未来を作っていく、素敵な冒険なんだと、いつも聞くたびに号泣していました。本当に優しい歌詞だったな……。

次点は夢現無双同じ星空の下でです。妙に頭に残っているんですよねあれ……星空のライトで銀橋を渡りながら、ロマンチックでしたね。

ベスト衣装賞

食聖全部

食聖は先行画像から楽しませていただきました。もうビジュアル全体的に最高なんですけど、アイリーンの衣装は本当に全部ぜんぶかわいくて、さすが可愛いの天才綺咲愛里ちゃんの最後の公演なだけあったなあ。 個人的には紫りらさんのマダムヤンに頭を狂わされました。メガネで超スリットのチャイナドレスはずるいだろ!

次点はON THE TOWNデュエットダンスの美園さくらちゃんのドレス。あまりにも綺麗で泣くという経験をしました。 あとはCASANOVAとロックオペラモーツァルトの四姉妹のドレスとかとにかく有村衣装ですね!!

ベストラブシーン賞

ロックオペラモーツァルト 最初のキスシーン

「同じ未来をみる日も」でキスするのは大変ずるいと思います。大変ずるいと思います。 今後のお二人率いる星組、楽しみにしていますね……

ベストシーン賞

ロックオペラモーツァルト 第8場B バラの上で眠りたい・一幕終章

「なんかすごくて震えが出る」を久々に体感した場面でした。 礼真琴さんの熱い歌声に重ねられる舞空瞳の力強く情感あふれるダンス、個人的には途中の「ダン、ダン」という音が男役の持っていた旗を落とすことでなされていたのもすごいよかったんですよね。

畳み掛けるかのようなダンス、そして叫び、見事に一体化していて、「息を呑む」とはこのこと、というシーンでした。 あのバラのドレスもとても美しくてよかったなあ……

ベスト芝居賞

霧深きエルベのほとり

とても美しく優しく辛いお話だったし、めちゃくちゃ泣かされましたね。 紅ゆずる綺咲愛里、の二人がとっても活かされた、あの二人だからこその雰囲気がすごくよかった。 「紅ゆずる」という男役にしかできない、カールだったと思います。めちゃくちゃかっこよかった。 台詞通り、「いつだって真面目に惚れて、真面目に振られて、真面目に泣いてらあな」を毎公演毎公演、愚直なほどにやっている作品だったと思います。

あの作品をあの星組でやろうと持ってきた上田久美子先生、天才。

ベストレビュー賞

エクレールブリアン

割とレトロな雰囲気を残したレビューでしたが、とにかくボレロがめちゃくちゃすごくて印象に残ってます。 緩急がバッキバキについていて、締めるところは締めて華やかなところは華やか、その差が大きくてとても印象的でした。 星組好きなので、クンバンチェロとマシュ・ケ・ナダでちゃんと星組らしい活きの良さ、バチバチ感がでえてるのが良かった。

はい星組贔屓ですね!!わかりやすい!!単純接触効果が高いと好きになりがち!! 先程も書きましたが私の勝手な賞なので、異論は受け付けませんが、皆さんのつけた賞が聞きたいです!

宝塚以外編

今年見たのは以下4作品かな。

全7作品。宝塚は比較のために賞もうけたけどちょっと比較しづらいので一つ一つコメントで。

キンキーブーツ

みんな歌がよかった。映画が好きだったので頑張ってとって行きましたが、いやーめっちゃ楽しかったし気づいたら号泣してた。 ローラの、老人ホームでの歌は本気で号泣しました。セクシーだよ、ローラ。

ダイナミックコード

演出って技術なんだなって言うのを学びました。(言葉を濁していない)

エリザベート

確か古川トート、花總シシィ、平方フランツ、成河ルキーニ、京本ルドルフ、剣ゾフィで見ました。

宝塚版では2018月組は生で見て、映像では過去のもちょこちょこ見ましたけど、いやー外部ってぜんぜん違うんだな! というかナチス!?え!?ってなりました。パパみたいにのリプライズあんの!? トートダンサーがあんなにえっちだなんて聞いてません。あの背中はずるくないか? 古川さん顔が綺麗だったな……声もよかったな……

少女革命ウテナ 黒薔薇編

すっごいよかった。みんな本当に雰囲気を似せてきてて、あのキャラたちが「生きてる!」って感じがあった。 これが2.5の醍醐味かあ、と良さを知った感じでした。 歌がみんなうまかったな……

SHELTER(DAZZLE)

フォロワーが大騒ぎしてたので行ってみましたが楽しかったですね!

イマーシブシアターという、ビルをまるまるつかって、役者もその場所を移動し観客も自由に移動していろいろなものを「目撃」する体験。 特にやや謎解き?というか犯人は誰?的な要素があったので、脱出ゲームみたいな感じでも楽しめました。

DAZZLEは男性のダンサー集団なのですが、本当に超眼前で繰り広げられるバッキバキのダンスは迫力満点でものすごかったです。 次の公演も行きたい……(本当は京都で2020年1月にあるけどさすがにそれは遠征費かかるからやめる

けむりの軍団(劇団☆新感線)

ゲキシネで髑髏城の七人を見て、「こんなんみんな好きなやつやんけ……」と思い、とりあえずとれるらしいけむりの軍団をとってみました。 やー、面白かった、人情ありチャンバラありのカッコいい劇でしたね。 やっぱり古田新太はめちゃくちゃかっこいいよーーーーー早乙女太一さんの殺陣も見られて嬉しかった(すごすぎてよくわからなかった

劇団朱雀復活公演(劇団朱雀)

こちらも早乙女太一さんの殺陣がみたいなーと思って行ったんですけど、最初の舞踊ショーからガンガンに引き込まれましたね。 劇は遠州森の石松 ~馬鹿は死ななきゃ治らない~でした。山崎銀之丞さんの噺家めちゃくちゃかっこよかった!! 三幕のショーもとっても楽しくて、これが大衆演劇……楽しい……!ってなりました。大衆演劇も見たいよーーー

以上宝塚以外の舞台編でした!!

映画編

映画館で見た映画のみを出します!!

全33作品。 今年は映画がもりあがりましたね!!GWもすごかったし夏休みもすごかった。今もアナ雪とスターウォーズが大バトル厨! 今年映画の事象として面白かったのは、10月4日にハイロー、ジョーカー、ジョン・ウィック3とバイオレンス大型映画が固まったのが面白かったですね。 あと後半の子供向け映画が面白かったですね!子供向け舐めちゃいけない!!

2019年私の私による私のための最高映画賞発表

はい宝塚でやったやつ映画もやるよー。

高プロローグ賞

移動都市モータル・エンジン

最初の5分が本番すぎる。見てて俺の好きを詰め込みまくって要素が多い盛りだくさん映画でしたね。スチームパンク、人間と異形のもの、空も飛ぶしB級あるある雑セキュリティもよかったです。

次点は少年たち。ジャニーズJr.映画ですが、あの長回しっぽいMVはすごかったな……

最高アクション映画賞

ジョンウィック3

ジョンウィックのアクション、他のアクション映画より「絶対に殺す」という新年のもとやってるので動きが違って最高なんですよね。ジョンウィックは1,2ともにすごいですが、3もさらにいろいろな気の利いている殺戮シーンが楽しめるので、おすすめです。

次点はHiGH&LOW THE WORSTです。攻城戦までやるか!

これどうやって撮影したの賞

HiGH &LOW THE WORST

相変わらずアクションシーンの撮影方法が意味わかんなさすぎて笑った。プロダクションノート見たらカメラマンワイヤーアクションさせてるとか書いてあってさらに笑った。金はハリウッドほどないからこそ人力で全力の姿勢がすごいですね。そういう熱量大好きです。

最高キャラクター賞

ヒックとドラゴン 聖地への冒険 ナイト・フューリー

噂の映画オタクたちがめちゃくちゃ良いといっていたヒックとドラゴン、地上波で1,2をみた上で聖地への冒険を見ました。 いやあんなん可愛すぎやろ……完全にネコチャン…… 求愛ダンスの下手っぴさ、ハイパー可愛かったですね……

次点はアナと雪の女王2のトカゲです。ただ単に爬虫類が好きとも言う。 ピカチュウ、すみっコぐらし等強いキャラクターも多かったけど後半にかわいい爬虫類が二体も出てきてとても楽しめました。

すべての映画の根源となる映画で賞

緊急検証! THE MOVIE

なんか今年地球空洞説の映画多くなかった!? 飛鳥さんが「実は猫は宇宙人で人間を堕落させて乗っ取るためにって説があるんですよー」ってデレデレしながら言ってたのが印象的で、キャプテン・マーベルが完全に猫が宇宙人だったのでキャプテン・マーベルは実質緊急検証です。 緊急検証、前半のユルさと後半のじんわりくるドキュメンタリーにとてもいい映画でしたね。

なんでこのタイミングでキスしたんやお前賞

アクアマン

確かにその前まで邪魔されまくってたから気持ちが昂ぶるのはわかるけど、ドンパチやってる前では危ないって!!! 今はそのタイミングじゃない!無駄にカメラをぐるぐるさせるな!

最高キスシーン賞

午前0時、キスしにきてよ

もう完璧でしたね……完璧……タイトルの回収の見事さが素晴らしい

最高クレイジー映画賞、またの名を見るドラッグ賞

劇場版PRINCE OF LEGEND(特に前半)

劇場全体を「私達は何を見させられているんだ……?」というものすごい空気感にしていった、忘れられない映画です。ぜひドラマ予習して、「これどうなんの……?」と思って三ヶ月待ってたらあんなのぶつけられた気持ちにぜひなってください。 この映画の奇跡的なところは、前半が最高にクレイジーなのに後半がめちゃくちゃ丁寧なラブストーリーに仕上げていて、どちらも「PRINCE OF LEGENDっぽい」ところです。なんという手腕!

ベスト王子賞

片寄涼太くん(劇場版PRINCE OF LEGENDと午前0時、キスしにきてよより)

ベストラブコメ賞を作ろうとしたらどっいも最高で選べなかったらどっちも「片寄涼太王子」だったのでベスト王子賞になった(経緯 片寄くん、茶色い大型犬みたいでかわいい。 いやープリレジェもゼロキスも最高にいいラブコメ映画で、プリレジェはそれまでのラブコメやいわゆる胸キュン的なものをメタ的にいじった挙げ句に最後はベタな感じで締めていたのに対し、ゼロキスは最初から最後までベタながら、大変丁寧に組み上げていったのが印象的でした。

映画館での最高体験賞

アナと雪の女王2 DolbyCinema

DolbyCinema、JOKERで見に行ったときにこれは黒がきれいな作品で見に来たら最高そうだなと思ったらもうめっちゃ黒の作品じゃないですかアナ雪2。本当に本当にきれいでした。きれいすぎて鳥肌立つレベル。暗い黒にキラキラとした水色ベースの光とか好きに決まってる。これは本当にDolbyCinemaで見てほしい。なんで一週間で終わったんだ丸の内ピカデリーめ。

最高映画賞というか最高感謝賞

アベンジャーズ エンドゲームとMCUフェーズ4までの全作品

私が映画館で見始めたのは多分エイジオブウルトロンから。それ以降は全部映画館で見てるのですが。もうなんか、涙無しには見られませんでしたね。すべての集大成でした……。今まで、3ヶ月に一回くらい、わくわくさせてくれてありがとう。 単品の映画としての評価はできないです。終わり方も、特にキャプテン・アメリカに対してはとても、良かったと思います。 アベンジャーズのファーストチームに称賛を。

まぁ2020年にはフェーズ5やるんですけどね!4までのBDBOX発売してくれや!!

終わりに

2019年、エンタメ駆け抜けましたね……何日に一回エンタメ浴びてるのか計算したくないです!

もちろん受賞作品でなくてもいい映画も宝塚作品もいっぱいありました。楽しい一年だった。 2020年も楽しいエンタメがいっぱいありますように!

あと見逃してるのだとテッドバンディとパラサイトがみたいです! あとジュマンジネクストレベル、ヒックとドラゴン、午前0時、キスしにきてよ、アナと雪の女王あたりは年始もやってるし全部良かったからぜひ見てね!特に前から順に箱がなくなるからご興味ある方はお早めにお願いします!!見たいと思ったときが映画の見どきです!!!

2019年買ってよかったもの総まとめ

2019年買ってよかったもの

 

相変わらず久々の日記ですね。

気づいたら仕事納めも終わり、2019年も終わろうとしていますね。今年買って良かったものを紹介することから、今年を振り返って見たいと思います。

 

4KチューナーつきBDレコーダー

当方ヅカオタ、昨年12月8K開始時に8Kで宝塚をやる、と聞きよくわからん4K8K放送について必死に勉強、4Kはまだしも、8Kはともかくめちゃくちゃ高い(アンダーラインが50万円くらいする)から手がでないことだけはわかって諦め。

「4K放送で宝塚やれや!!」とキレまくったのですが、2019年GWに8K版ダウンコンバート版を4Kで放送することが決定したのと同時に4K放送対応、4Kチューナー搭載BDレコーダーを購入。

いやーまじで4K画質が違います。髪の毛と衣装の細かさ、あと後ろにいる人や引きの顔が明確に見える!!とりあえず地上波とは全然違います。

あとNHKの動物番組やドキュメンタリーも愛しているので、とくに動物番組だと毛並みと空/海/草木の色が違うので、こちらも素晴らしいです。世界ネコ歩きの猫たちの毛の感じが!さらに柔らかに!

 

BDレコーダーのおかげですごい勢いでBD焼くことになってます。愛してるよVerbatim。

あとBDはこちらのフォルダにまとめてます。区切りが5つなので5組分まとめるのに便利。

 

 

ヨシカワのシンクの生ゴミ入れ

今まではプラスチックでおりたたみ式を使ってましたが、こっちはシンクに引っ掛けるやつ。ネットはかけずに、そのまま使ってそのまま捨てる感じの運用したらべんりー。取ってつきだしすぐに取り外せるので気持ち的に捨てるハードルが低くて良い。

 

iPadMini+ApplePencil

去年年始めに買ったMacBookProのクーポンでおやすめに購入。小さめサイズでちょうど使いやすいです。お絵かきやらKindleやらで使ってます。たのしい!

SHISEIDO ホイップパウダーブラッシュ 03 MOMOKO

「オレンジのチークが!増税前にほしい!」となっていろいろ試してみて購入に至ったのがこちら。チーク、今まであまり得意ではなかった(結構塗りすぎて変になりがちだった)のですが、こちらは指で頬にちょっとつけてブラシで適当に広げたら程よいオレンジになって最高!もうずっとこれ使ってるから他のチークが使えない……前にかったリップも良かったし資生堂のSHISEIDOラインはさすが高いだけあるぜ……

brand.shiseido.co.jp

ニトリマットレス N-Sleep

前のマットレスがへたってきてて、万年肩こりなので起きたときに背中やら腰やらが痛いな……と思ってたので買い替えしましたが、だいぶ楽になったなーと思います。(肩こりはまあそうでもないけど)

いわゆる高級ラインのマットレスに憧れがありましたが、さすがお値段以上力を感じる品。

店舗にいけば試せるのでお好みの硬さを選べるのもまた良い。

www.nitori-net.jp

ほうきとちりとり

映えある?一位はこちらとなっております!

ほうきとちりとり!

うちのは白とオレンジだけども。

ルンバ+ダイソンのでかい掃除機で掃除してたんですけど、ダイソンの掃除機でかすぎて小回りきかないし、なにより猫の砂の吸い取りがうまくいきづらいことがあるんですよねー。あとうちは長毛猫を飼っているので、猫の毛が排気口からの空気で逆にふわふわまったりして……。

その前のバッテリー式のワイヤレスハンディ系はすぐに充電がなくなって、どうしたもんかと思ってたのですが、そもそもほうきとちりとりでいいのでは……?という結論に至りました。

多分こまめに掃除するご家庭だと掃除機のがいいのかもですが、全くこまめでない場合にこれくらい小回り効くほうが便利ー。

ちりとりの柄が長いので腰かがめることもないし、ちりとり部分にあるほうきに絡んだホコリを取るやつがまた便利。

ほうきが斜めだったら更に楽だったのになと思いもしますが、まーとっても便利なのでよしとします!

 

 

以上2019年買ってよかったものまとめでした!

まさかほうきとちりとりがこんなに便利とは、と思い直した2019年 でした。

エンタメ編もやろうかな……

リアル脱出ゲームとか体験型エンタメ好きな都内近郊の人間は8/23までにDAZZLEのSHELTER行こうぜ!!

ブログの名前も変更して、楽しく踊っていこうと思います。浅見潤です。

元気にギャーギャー騒ぎつつ踊っていたフォロワーに導かれて、SHELTERというイマーシブシアターに行ってきました。 それがなかなか楽しかったので紹介ブログを書こうと思います!!

SHELTER

特に記載のない引用は上記サイトからだと思ってください! ネタバレ禁止なので上のサイトから読み取れる以上のことは書いてない、はず…… (問題ある記述あるよ!って場合はここのコメントかTwitterのリプライで指摘いただけるとありがたいです

TLDR(なげーよ要約しろ)

目の前で繰り広げられるバキバキのダンスパフォーマンスがよく、 リアル脱出ゲーム的なものと群像劇が相まってなかなかに面白かったし、

8/19-8/23の18時開始回、21時開始回がまだまだ買えるので、興味がある人は今すぐチケット買って行ってくれよな!!

行くならできれば全身黒とか紺とかの無地の服で行ってくれ!!

イマーシブシアターって?

本作品は建物一棟全てを舞台に行われる イマーシブシアター形式の作品です。 お客様は作品世界の一部として、時に出演者に導かれ、 時に自分の意思で建物内を自由に移動しながら、 様々な場所で繰り広げられるパフォーマンスを 五感で「体感」していただきます。

どうやら日本だと今回の公演の主催のDAZZLEさんが先陣きってやってるみたいですね。 ワンピースとかとコラボしてたとかすごいな!

場所ですが、今作はWebチケットなんですが、チケットを購入したタイミングで住所が判明します。 本当に普通のビルを上から下まで使ってました!

複数の部屋があって、各部屋を回ってその中で起こるものを見ていく、というシステムです。

運動量が多いかと心配かもしれませんが、だいたい1時間45分で2000歩くらいでした。(私のFitbit調べ エレベーターがない建物で上の階行ったり下の階行ったりするのでちょっと大変だなと思う人はいるかも。私はそんな辛くなかった。

あとベースは「演劇」なので私語は公演中はだめです。(一応筆談は可能っちゃ可能

SHELTERって、どんなお話?

あなたは幸運だ。 このシェルターに、入れたのだから。 外を知っているだろう? あんな世界で、人がまともに 生きていけるはずがないんだ。 ここは平和だよ。 あの9人がなぜか均衡を保っているから。 新入りのあなたに、 シェルターでうまくやっていく コツを教えてあげよう。 人それぞれに物語がある、 ということを尊重するんだ。 自分が正しいと思った瞬間、 大切なものを見失ってしまう。 もちろん、あなたの物語も、尊重される。 誰かが、壊そうとしない限りはね。

どうやら外では何かが起こっていて、シェルターに入れば無事らしい、そのシェルターでのお話です。 上を見ればわかりますが、あの9人(先頭に上げた)が何故か均衡を保っていた状態でした、が。という話です。 最終的には「誰かが、壊そうとしない限りは」の「誰か」を当てるのがゴールのようなものでした。

あと主催のDAZZLEさんはダンスカンパニーで、なんと直近のお仕事に宝塚歌劇団花組のCASANOVAの振り付けがあります! 宝塚のオタクーーーー!!!見よーーーー!!!!

www.dazzle-net.jp

どう楽しかったの?

ここからは私のお得意の楽しかったことをだらだら書くことするねー 大体時系列!!

開演前注意事項説明が良い

まず前提として、観客は「シェルターの新入り」なので、注意事項は「シェルターの新入りが行っていいこと、だめなこと」として説明されます。 その説明に合わせて、群舞があるんですよ!

ダンス集団によるバッキバキの群舞で「新入りとしての心得」を叩き込まれるのでこの時点でテンション上がりましたね……

ダンスが!!うまい!!すごい近くでやってくれる!!

前述のとおり、主催はダンサー集団のDAZZLEさん。+客演のダンサーさんたち。 とにかくダンスがばっきばきですごかった!!いいよねダンサーの肉体制御!!身体の止まり方がすごい。なぜそう狙ったところ、タイミングできれいに止まるんだ……

ダンス見るだけでも迫力めちゃくちゃありますし、めちゃくちゃ距離が近かったです。(普段宝塚くらいしか見ない女なので小劇場とかだと違うとは思うけども……) どんくらい近かったかというとあるタイミングで前に床に座ってたお姉さんが足当たりそうで頑張って何回も直してて大変そうだあと思う程度には近かった。マジで最前だと目の前50cmのところに手が出てくるみたいなレベルだった

あれもこれもやりたくて体が足りねえ!!!

後半になると自由に歩き回れるフェーズが始まるのですが、前述の通り今回のお話は「壊そうとする誰か」を当てるお話です。 自由に歩き回れる際には、触れていいところとかもあって、ヒントを探し回ることができます。

そうですリアル脱出ゲームの要素です。

SCRAPのリアル脱出ゲーム好きにわかるように例えるなら、「ヒミツキチオブスクラップの最初のヒント探す感じ+ちょっとだけアジトみたいに棚とか触ってもいい箇所とか触れるくらいのかんじ」です。 しかしそこまで本気のムーブは多分しなくて大丈夫です。多分引き出しは素直に引き出しの中のみでオッケーとかそういう感じだと思います。

そしてこれはリアル脱出ゲームではありません。「シアター」です。 何が起こるかというと、建物のいろいろな部屋で芝居が発生するのです!しかも同時多発的に! あの部屋では○○と××が喋っていて、こっちでは△△と□□が言い争いして、みたいなのが同時に起こってたりします。多分。 一人で全部見るのは多分不可能なんじゃないかな……

そうやってちょっとずつ話が気づかないうちに進んでいくのです、困った!気づかないうちに進むんじゃあないよ!!

その細かい芝居の中でもきっちりとダンスで魅せてくれるので、探索をせずに芝居だけ追っててもすごい楽しいと思う。 私は探索してないで芝居もっと見ればよかった!!って思いました。

これは……通う人出るわわかるわ……と納得感のある仕組みでしたね。

普通に演者が廊下を歩いててビビる、なぜなら彼らも我々と同じく、このシェルターで「生きて」いるから

イマーシブシアターのおもしろいところ!!! 上のように建物内のいろんな部屋で芝居をするためにはいろんなところで移動する必要があります。 普通に廊下を歩いたり、真横を通ったりするのです。

それがなかなか新しい感覚でとても楽しかったです。 そうだよね、シェルターの一員だから普通に廊下も歩くよね……って感じでより没入感が高まりました。

楽しそうだねどうすればいい?

楽しそうでしょ!楽しかったんだよ!

なぜこのブログを私が書いたと思う?なんと!これを読んだ人がまだ行けるかもしれないからです!!

SHELTER

日程を見てください!今日が17日、公演期間は24日まで! もう土曜のチケットと金曜最終回のチケットはないですが、なんと平日3公演、社会人にも行きやすい18時、21時開始もあるよ!!! エンタメは基本的には一期一会、終了時期がきっちり決まっているので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね♡

もしも行きたい人は是非全身黒や濃い紺やグレーなど、くらーい服装で行ってください!没入が高まります! 私の行った回は8割以上全身真っ黒でした……同じチームにどピンクのトップスの人がいたけどちょっと目立っちゃってましたね……

あと結構階段の行き来をするので、ロングスカートはやめたほうがいいかも。多少地べたに座るシーンも多いので、あまりにきれいな格好はやめましょう。 荷物を預けるところはないはずですので、両手があくリュックまたはボディバッグがいいと思います。 私はボディバッグで行ったけど大正解でしたね。折り畳めない日傘とかは厳しいかも。

あとなんか書きたいことは?

フォロワーのオタクが騒いでくれたおかげで、今日楽しかったなぁ、と思えたので、私も騒ぐオタクになろうと思っての記事でした。 今後はこういう新しいタイプの演劇とかも増えていくのかなー。なかなか、普段の演劇鑑賞では楽しめない、良いエンタメだったと思います!!

星組全国ツアー公演アルジェの男/エストレージャス見たからここ見てほしいなを書くよ

GW10日間だ!令和だ!令和!と騒いでいましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。浅見潤です。

私は5月7日、本日(この記事書き始めた日)が誕生日で、だいたいGW終わっちゃったよだりーな雰囲気の中誕生日だなーと過ごすのが毎年恒例となっているのですが、今年はだいぶ様子が違います。精神と頭がフワッッッフワしてます。なぜかって?GW後半、5/4,5/5に星組全国ツアー公演、アルジェの男/エストレージャスを梅田芸術劇場メインホールで見てきたからさ!!(ドヤ顔

三十路を超えてまさか観劇のために初遠征をキメるとは自分でも思っていなかった。スキは強い。

 

大劇場のときに18000字書いた感想みたいなノリでだらっだら書いてたらまじで話の流れさらって基本的にサイコー!って書いてるだけになったので、抜粋して細かいところだけにしようと思います 全文は落後に書く(それでも長い

 

アルジェの男

総括

みんな!!芝居が!!よくて!!好き!!!ありがとう星組+愛ちゃん!!!男はクズばっか!!!(褒めてる

ヒロイン三人とも芝居うまい。特にアナベルは歌がめちゃくちゃ良くてすごく悲壮感がある。

音の入れ方とかなんかちょっと古臭さあるけどその古臭さもレトロで好きです

 

細かくダラダラ

・最初のアルジェの若者たちのダンスシーン、めちゃくちゃ揃ってない……?鬼みたいに稽古した……?よっしゃ最初掴んで行くぞ!見せつけんぞ!ってパワー感じてすごくかっこよかった WSS見てないけどWSSってこんな感じかなって思って見てた

革命記念日のラジオに合わせて陽気に歌う遥斗勇帆くん(多分)の歌がうまい というか今回この子の歌うまを全力で使ってる作品

・振られる、女につれなくされたあとの男役が性癖なのでサビーヌにキスしようとして振り払われるジュリアンのチッって顔からのまぁそっちのが面白いわなみたいな顔がたまんなく好き

・スリシーンの財布まじでどっから出てきたのかまだわかってない 映像見てもわかんない 本当に財布は朝水りょうが持ってる状態をすってるの?

・悪いことはだいたいやってきたのになんか微妙にナイフ使いがうまくなさそうなジュリアン お前(の中の人)の本気はそんなもんじゃないだろ!

・ボランジュ提督邸でジュリアンのおいたジャケットを「くさい」「ばっちーい」ってやってる召使いの少年二人が可愛すぎる 中の子も澄華あまねちゃん(かわいいかわいい推し下級生)と瑠璃花夏ちゃん(可愛くて男前)なのでさては顔採用だな?

・ボランジュ提督のお屋敷でフットレストに足投げ出して書類読んでるボランジュ提督の貫禄なんなの……いい男役ね朝水りょう先輩……「お前なんぞにあれ(ご夫人)の良さはわからんさ」みたいなセリフがすごく好きです

・本当に目がキラキラしてるわねぇーのタイミングでガン見する白妙なつさんの顔が好き

・初日を見られたのですが、そのときは夜食何もなかったのに5/5に見たときはちまきが入ってて「ちまき……」ってつまみ上げるジュリアンが可愛すぎて無理だった

エリザベートかが手を差し伸べているのにパン食ったあとの手をそのままに触ろうとするジュリアンの育ちの悪さがめちゃくちゃ良さしかない 「レディーが手を差し伸べたら立ち上がって甲にキスするものよ!」がちゃんと数分後に5年後のパリで回収されるのが脚本としてスマート

・運転手をやるんだ!ってボランジュ提督に命令されているときのジュリアンの迷いの感じぜひ見てね

・学校に行くんだってよぉー!のあたりのチンピラの煽り力が高い また活躍する遥斗勇帆の歌声

・ここで最初ジュリアンが殴られているときに本を拾って大事そうに抱えるピエールがなんか切ない 結局チンピラが帰るときにその本を投げ捨てるのは、ジュリアンがもう戻ってこないこと、だからジュリアンを慕っていても仕方ないことの表れで、いじめに参加しないと目をつけられるからなのかな……それとも失望したのかな……どっちなんだろう……

・5年後のパリ祭にびっくりする ミラーボールでパリへのあこがれのきらめきを物理的に表現だ!(最近CASANOVAで見た荒業)

・カラージャケットのダンスかわいいねー。つい最下手見てしまう(奏碧タケルくんと瑠璃花夏ちゃん)

・5年前は全然スマートじゃなかったのにスマートに手の甲にキスできるようになってるジュリアンに成長を感じてくれ。噂の美男子じゃんそうだろうそうだろう。ここでの髪型というか前髪流してるのすごく好きなんです(後半割とずっとこの髪型なので嬉しい

・パリ祭のジュリアンとエリザベートのダンス見るとまじでジュリアンがエリザベートのことを最後のセリフ以外全く見ないしひたすら冷たい表情なので大変興奮する 他の来客とかと比較するとよくわかるのでここ見てほしい

アナベルちゃん小桜ほのかちゃん。ぱっと見でわかる「なんかすごいヒロインオーラきた」と「あれなんか変だぞ」感がすごい。盲目の少女役だから、目の焦点の合わなさとか顔の向きとか、そのへんの動きが本当にすごい。役者すごい……って今回大変思ったのは彼女です。

・お隣どうぞって何初っ端からその距離感……やめて逃げてかわいいアナベル

・さすが知らない人には笑顔を作れるジュリアンがこわい

・からの万里柚美さんが最高。このときに私のたった一人の肉親、のあたりからのジュリアンの表情がビミョーに変わるのが大変良いです

・下町だ下町!の秘書官仲間がめちゃくちゃかわいいし歌もうまい子が多くて私がニコニコする。このタイミングでまじで女に興味ないんだなって顔のジュリアン最高

・クラブのシーンで「今夜過ごさない?」みたいに秘書官二人手玉に取るシガレットガールが推し下級生娘役の澄華あまねちゃんなんでよろしくお願いします かわいい!かわいい!

・クラブでの注目シーンは、みんな注目しているはるこさんのお腹、私が注目するバッキバキに筋肉が見えるふくらはぎの他だとうしろの方にいる陽気なおじさんの遥斗勇帆くんです はるこさんのときに金でなんとかしようとしてるらしいから今度確認しよ……その後出てくるロケットみたいな子達に楽しそうに手を振っていてかわいい

・クラブ控室、サビーヌのローブがアデレイドちゃんのローブで、その後くるジュリアンを見てうっかり「立派な男になっちまって……」と思ってしまう(というか月組のときも確かこの衣装だった)

・ミッシェルに捕まって君のことを知ってるんだと言われたときのこいつどうしてくれようみたいな顔のジュリアンと、その後に総督の話を聞いたときで一気に表情柔らかくなるジュリアン好き ミッシェルにはちょっと心開いてる感じあるよね……

エリザベートへの「愛しています」があんまりにも冷たくてぞっくぞくくるというか3月まで「貴方には人の愛がなんであるかがわかっていません!」とかちょっと泣きそうな必死な声で目上の人に説教してた人と同じ人!?ほんとに!?役者ってすごいな!!(今更

・花売りの瑠璃花夏ちゃん、自分の可愛さを全力で使ってる感じが最高

アナベルちゃんのお部屋に修理したオルゴール持ってくるアンドレくんニッコニコなのに、ピアノが弾んでいる理由を聞いたときの一気になんか感情が引くのがよく見えて最高 「あの方が来るのよ」で思わず力が抜けてオルゴール持ってる手を下げちゃうのいいよね その後ジュリアンが部屋に入ってきてマリアとやり取りしてるのを見たときの顔がどんどん悲しくなるのが最高 ありがとうは決定打

・このタイミングのジュリアンの「やぁアンドレ」がまじで一瞥もしないのでそのときのアンドレの表情見てやってくれよな いい顔するね極美慎くん 出番は多くないけどマジで良い役もらったね直近だと若干変更あるけどみりおさんの役だしな

・バラの花束をピアノに置くときのアナベルちゃんの手探り演技が細かくて好き

アナベルとジュリアンが最初に出会ったときの距離感と比べてちょっと遠い位置でスタートするの大変にドスケベだしもうこのシーン思い出すだけで死ぬんでぜひ見て「そりゃ主演の女は死ぬよな」って思ってください 私は無理です 直視無理すぎてずっと太もも見てました 二回ともです

・その後唐突に現れるジュリアン許さないソングはめちゃくちゃ古臭くて笑う 他のシーンの古臭さの追随を許さない感じある コーラスの歌声が良い

・二回目のエリザベートへの愛していますも死ぬほど冷たいのでぜひ表情を見てあげてね

・大臣とジャックのシーンは大臣が財布を開いてるときのジャックの顔がやっぱりつい財布の中をちらっと見る感じが好き

・殴られるのも撃たれるのもうまい礼真琴

・最後のカゲソロは遥斗勇帆さんです。最後の力強いカゲソロは遥斗勇帆さんです。絶対に聞いたときに「誰や最後の歌は!?」ってなるのでこのタイミングでお伝えしておきます。

 

エストレージャス

まぁショーなので細かいところはあんまり言わなくてもいいかな……好きなところ見よ!

私はエストレージャス瞬間で終わるショーだと認識してますが、全ツ版でも瞬間でした。はやい。

大劇場と変わった部分で好きなところは星夢後のしどりゅーと桜庭舞ちゃんの場面です!あの衣装好き!あとしどりゅーが元気に帽子投げるの好き!

カニュ情報とかで男役みんなBackBack言っててお前ら本当に好きだな!って思ってたけど、とりあえず天希ほまれくんと天飛華音くんがせおっちしどりゅ役になっててソロ長くなってよかったね……あとスターライトパレードのときも思ったけど天飛くん歌い方琴ちゃんの真似っ子感あってかわいいね……

愛ちゃんの衣装の似合い方が全体的に異常。星サギシーンの衣装(フォロワーはパジャマみたいなやつって言ってた)が妙にしっくりきてすごい。

小桜ほのかちゃんがあーちゃん役代理してるの嬉しい。アナベルもそうだけどほのかちゃん本当に淡目の寒色似合う……ブルベだ……

あと紅さんおちゃめだねシーン(主にチャンピオーネ)でかっこつけがちな礼真琴はキュートだと思います!かわいいね!

まさか中詰めで華鳥礼良ちゃんを探してしまっていない事実を突きつけられるとは思わなかったし、フィナーレ群舞では華鳥礼良ちゃんのかつらそのまま瑠璃花夏ちゃんがつけててエモくて泣いて、エトワールの白妙なつさんで「うまいけどちがう……」でさめざめ泣くとは自分でも思ってませんでした。

良かったことは以上です!

ここからは演出家中村Aこと中村暁先生に対して愚痴らせてください!!

ナウオン見て思ったんですけどタカラジェンヌの皆様をもってしても「どこからその体力出てくるの」と言わしめるくらいに礼真琴を出しっぱなしにして歌わせて激しく踊らせて歌わせてって限界値を測るな中村A。大切にしろ。怪我やら喉の故障やらしたらどうすんだよ。大劇場のときすらめちゃくちゃ大変そうだったのにお前激しい移動に毎回勝手の違う劇場の全ツだぞ?活躍が増える喜びよりも心配のが先にくる使い方すんな!!

チャンピオーネ星組子に愛される明るいチャーミングな我らがトップスター紅ゆずるとかわいい嫁のあーちゃん、かわいい元気な礼真琴の三人を中心とした星組子かわいいねー!シーンだと思っていたので、あれそのままやられるのはわりとショックだった。お前真ん中5人中1人しかおらんのやで!!比較するやろ!!初日は特に2Fだったので、客席降りタイミングに舞台にいるのが琴ちゃんとロケットたちのみ、しかも前半は微妙にロケットと琴ちゃんの距離離れててめちゃくちゃぽつん感あってオタク辛くて泣くかと思ったぞ!!1Fから見るとちゃんと客席降りしてた組子がステージに向けてやってたのを感じられたけど2F以上から見て客席見られない客のことも考えろよ!帰ってきたときにホッとしたから良かったねじゃねーから!!大劇場みたいに真ん中とロケットの間に数人くらいは残せよ!!ちゃんとステージだけ見てても楽しくなるよう成立させて!!

あと最後の逢いたくていまは本当に好きな場面で、理由としては完全に大劇場版カールとマルギットのifだと思ってみてたので最初見たときはだばだば泣いてみたんですけど、全く同じ曲振りってどういうことだよ……違ったのかよ……銀橋に出るところの手をつなぐところとか、あれはビール祭りから抜け出したあとのカールマルギットがさらに想い合ってビール祭りに行くぞ!って再度祭りに繰り出すときの、あの手繋ぎへの返歌じゃなかったのかよ……そんな風に受け取って感動して、語りまくった私が馬鹿みたいじゃん……。

中村BはドSのときちゃんとサヨナラシーンからお披露目シーンに見事に変えてねぇみたいなことを雪の女から聞かされていたからソワソワしてたらあんまり変わってないっていう……組子は頑張ってただけに初日はなんかすごく苛立ってしまったよ……特にチャンピオーネ……確かにあの曲からロケットシーンの曲の流れは好きだったけどさぁ……はぁ……。

 

ショーについて、見どころに比べて文句をつらつら書き連ねてしまった……。

ずっと言いたかったけど言いにくかったのでここで壁打ちできてよかった……。(一応ざっくばらんLINEでは愚痴ったけど

 

とりあえずおたくは無事星組の皆さまがこれ以上怪我や体調不良なく(拓斗れいくん本当に残念……)、素敵な公演を全国に届けて、宝塚ファンを増やしてくれることを祈ってます。

私もあと何度か見られるぞ!よし!

星組公演霧深きエルベのほとり/エストレージャスの感想を書きなぐる私が楽しいやつ

星組公演霧深きエルベのほとり/エストレージャス大千秋楽お疲れ様でした。星組子の皆様、スタッフの皆様、最後まで怪我なく(ムラでは下級生ちゃんがちょっとおやすみがあったり最終日に紅さんが喉壊しちゃったけど……今後心配……)ハードな公演を終えられて、お疲れ様でした。素晴らしい公演でした。

 

私は宝塚にハマってちょうど一年、初めて「うおー通った気がするー」と思う程度に行ったなーとしみじみしています。(全部カレンダーに入れてるので夫に「霧深きなんちゃらの予定多すぎでは!?」って言われる程度)

芝居もショーもどっちも楽しくて、通える作品でよかったなぁ(しみじみ

とりあえずちょっとずつ自分が楽しいから覚え書きしますね。自分が楽しいから。見てるところ、見てないところの差が激しいです。

 

霧深きエルベのほとり

総評

・50年以上前の作品なのに言葉の端々まであまりにも美しく、そして練りに練られている作品だと思う。「若き日の恋ビールの泡のように花は開いていつの日か消える」とかもうなんか美しすぎるでしょう

・音楽が全体的に最高というか歌のシーンのメロディがあまりに最高

・喋っていない人の芝居が光る芝居でしたね

 

だらだらと思い出しつつ書くエリア

・鴎の歌は二回目セットであとで書く

・1Fで見るとフランクフルト号が暗くて、霧がかってるのかな……って気持ちにさせられて好きだった

・霧深きエルベのほとり、というのが幕に映されるの、フォントの趣と相まって、なんかレトロ感あってめっちゃ好き。B席から見ると残念ではあるがまぁ仕方あるまい。

・ビア祭りの掴んでいくぜっていう大盤振る舞いの精神は好き。さすが宝塚を初めて見た人、一回しか見ない人にも楽しんでもらえるようにという話を散々している上田久美子サービス精神が旺盛。

・ビア祭りの「アイーン、プロージット!」の琴ちゃんの声が毎度毎度良すぎて惚れ惚れする その後の「ブラボーブラァボォォ!!」も、見るたびに、「おっ今日も頑張ってんな!すごいな!」ってなる

・う、ま、ざ(強)、け、をー!←いい声

・あの髪型も衣装も可愛くてめっちゃ好きありがとうビア祭りの男S

・次に降りてくるひろきのお兄様の「ブラボーブラボォーー!」はあれはあれで大好き

有沙瞳ちゃん(以下くらっち)とのデュエットの「触れた手の中にこの想いを溶かしていく」のあたりのメロが死ぬほど好き。歌詞も好き。というか本当にエルベの楽曲はめちゃくちゃいいですよね……メロがひたすらに美しいし、詩の儚さ、美しさが素晴らしい。デュエットの声もくらっちの声が芯が通っていて、なんかうまくひろきのお兄様と合っていて大変良い

・ここで散々踊らされるビア祭りの男Sこと琴ちゃんのダンスがめっちゃ好き ふわっと軽やかかつ大きな動きで、後ろのデュエットの歌詞と合わせて若い恋の情熱がありつつも軽やかで幸せ感ある感じで 座るタイミングの膝のつきかたが好きだし思いっきり足を上げるのはいつみてもきれーに上がってるなぁ……と思ってみていました

・ビア祭りの女Sこと綺咲愛里(あーちゃん)登場。ここは娘役さんみんなかわいいねーーー!可愛いがすぎるねーー!このあたりお衣装がひたすらに可愛くて最高 私は下級生の澄華あまねちゃんの顔がすごく好きなのでいつも階段のカップル見てたけど、下の娘役群舞見ると綺麗な顔のおねえさんの後ろに綺麗な顔のおねえさんがいるってテンションが上がった。星娘かわいいの多すぎだけどその中でひときわ目立つ星蘭ひとみちゃんすっごい。あと美女いた!ってなるとだいたい華雪りらちゃん率。

・グーテンモールゲーン♥←可愛すぎて駄目。ココのあーちゃん、髪型も衣装も可愛いがすぎる。

・男役4人集。顔がいいの揃えてますね!!!階段カップルが降りてくるの見てた覚え。つーたーえてーのちょっと高い音が混ざるのが良い。

・男役群舞。群舞って感じだ!盛りだくさんだ!初っ端からフィナーレ!ってなる。低音ドラムのデンドンデンドンのあたりが好き

・銀橋の階段に三番手までが降りて銀橋にいろんないい顔が次から次へやってくるの大盤振る舞いで好き

・ここの「若い体はずーまーせー」の琴ちゃんの胸開いて手を動かす動きめっちゃ好き(歌詞とずれてたらごめん

・途中でやってくるプローストの娘たちの華鳥礼良ちゃんがふらーって上手の壁によりかかったあと銀橋で座り込むの、あなた飲み過ぎよぉ……って思いながら見てた(かわいい

英真なおきさんの「この安酒場プローストの看板娘さぁ!!」で場末の雰囲気に一気にもってく技量大好き 「おばちゃんが看板娘って言い張る可愛さ」が出てるかわいいでも実際お前は看板娘で仮染のお母さんだよヴェロニカ!!

・女は港、かりそめの恋人でかりそめのお母さんなんだよなぁ……と二回目以降しみじみしちまういい歌詞だよ……曲も爽やかさ皆無のねっとり感あっていいよね

・プローストの娘たちの安酒場の似合う高くなさそうなお洋服大好き でも中の子はキラッキラに輝いてるのがまた好き

・下手の水夫の朝水りょうくん、拓斗れいくんのあまりのガラの悪さが最高

・天希ほまれくんの顔がいい あとタカニュプローストの女たちトーク(あのトークマジ女子会で煩くて最高大好き)で英真さんが天希ほまれくんとキスしてたりするみたいな話をして以来見まくってるけどあの子いろんな女にキスしてるの見てお前!お前!ってなった

・フランクフルト号の面々が帽子投げるシーン、新人公演はなんかすごい思い思いの方向に飛んでた気がして、やっぱり投げる回数多いとコントロールきくようになるんだなとしみじみした

・麻央侑希さんのオリバーのもぐもぐしながら言うのが最高に可愛い

・このへんで華鳥礼良ちゃんがマスターの瀬稀ゆりとさんと一緒に踊ってるのがゆるゆるしてて可愛い

・「次に歌うのは誰だぁーい!」の夢妃杏瑠ねーさん(ここの声大好き)からの「俺だーー!!!」って元気に出てくるひろ香祐くん、そして2フレーズ目から入ろうとしてひろ香くんに阻まれてちぇっみたいな顔する大輝真琴さんが可愛くて可愛くて仕方ない。なんだここは。天国か。そのあとの大輝真琴さんの歌声+「お嬢さん、歌おうよ!」「歌おう!」の声が優しくってスキーーーってなった。あとあのときの帽子と前髪のバランスが最高 ここは本当にいつ見てもニッコニコしてしまったな……

・そのあとの恐る恐るの「あーきーのー」ってあーちゃんが歌い始めるときはいつも思わず固唾を飲んで見守ってしまうけどその後結構悪くないなと思う かわいい

・このへんで後ろの方で小桜ほのかちゃんが踊ってるのが三人で楽しそうに踊っててかわいい楽しそう ほかの女たちは激しく踊ってるシーンなのに

・からの異様に声がいい職工と市民女 白妙なつ様の歌声好きなんですよね……1階で聞くと最高

・先週ライビュで初めて知ったんですけどこの時点でのカールさんの好き好きっぷりものすごくてすごいですね いやー若い二人の熱烈な一目惚れ……

・ララララー♪で出ていくのが陽気でかわいい

・天飛華音くんの「ヨーニー!!💢💢」の声最初聞いたときに喉が大丈夫かハラハラした すごい大変そう 新人公演はヨーニー全然声出してなくて普通の発声だったからびっくりした 多分そういう芝居にしたかったんだろうな上田久美子先生が 

・フロリアンくんとシュザンヌちゃん登場。フロリアン君のことが好きな女の子に「もしも君が誰かを愛したなら」とかいい声で歌いかけるのをやめなさい。

・「君は優しいんだね」のねが「ネ」って感じだなと思ったけどちょこちょこ語尾の表現が可愛くなりがち琴フロリアン(多分かわいくならないほうが正解(新人公演のぴーすけはその点上品さが強くてそっちのほうがぶっちゃけ好みではある

・今考えるとフロリアンはこのときマルギットが家出をした理由がちゃんとわからなかったのかなー。別に君と結婚するのを避けるためではないと思うんだよなー。

・そのあとのビール祭りのビールの泡からーで降りてくるときのカールのデッッレデレ表情、歌い終わったあとにちょっとかっこよくすます表情がなんか照れ屋で良い

・大家のお嬢さんであることが明確にわかった上で、死ぬほど惚れてそうなカールが好き めっちゃ保険かけてるよね、だめだろこんな男についめきちゃって。それでもすごく好きになっちゃった感じがもうなんか……。ひたすらに紅あーは紅さんがあーちゃん大好き大好きでそれがエルベとぴったりハマってて完全にハマり役がすぎる……

・マルギットはマルギットでなんというか本気で物を知らない大家のお嬢さんみがあまりにも強くてすごい。新人公演の水乃ちゃんだと「お家にはゲストルームが2つほどあって玄関入ってすぐにダンスホールがありますの」程度のお嬢様で、あーちゃんは「廊下の端に立ったら反対の端とか見えないじゃないですか?別邸にダンスホールとゲスト用のおうちがありますの」くらいのお嬢様みがあってあーちゃんの浮世離れ力は半端ないな……

・ひどい目に合わされるの付近の「何言ってるのこの人わからない」みたいなマルギットの「????????」みたい表情が大変好きかわいい あのタイミングでの「まぁ……」って声もかわいい(かわいい

・そのあとの「お前は酒場で俺と出会った」のタイミングのマルギットの笑顔が最高に嬉しそうで本気で可愛いので映像等で見てください すっごいかわいいです

・ここのタイミングでカールの口から真心って単語が出てくるのまじで最後の一週間に気づいて震えた そしてそれが優しさになるんだよな……本当の優しさ……

・ここで「優しさってやつに、なるんだよ」のあとにぱああって音がするくらい表情が柔らかくなるマルギットの顔が好き 目が見開かれるのがわかっていいんですよ横顔が

・ここで銀橋でカールが一人で歌うのにマルギットがついてくるのを確認したときのカールのうわっきたって大げさにやるのも好き 照れ隠ししやがって からのお手手繋ぐからさー!繋ぐから!

・このタイミングで恋の喜びとして後ろに出てくる民族衣装のカップルの女の子が下手瑠璃花夏ちゃん、上手澄華あまねちゃんの下級生でちゃんと認識できてるかわいいかわいい女の子ズなのでオペラで見ると片方が見られなくてつらいしできれば真ん中の紅あーも見たいからいよいよつらい かわいいが過ぎる

・フェストのあたりのそれそれーってデートは一瞬ながらに大変かわいいのでいいです ピエロも頑張ってるねー あと食べかけのプレッツェルを異様に顔がいい知らない人(星蘭ひとみちゃん)に渡すのやめなさい ここで前述の澄華あまねちゃんたちカップルもでてくるのでかわいいが過ぎる

・行列がいっちゃったタイミングで「ほら行っちまうぜ」って背中押すシーン東京の前半でありましたっけ あれ変わったなって思った気がするんだけど

・埠頭のシーン、全面的にひたすらに紅ゆずるが格好良すぎて大好きです 船止めるやつに脚乗っけてるのとか、絵として見せたかったんだな感が強い。めちゃくちゃ本気で好きなんだなとおちゃらけて保険かけまくってるのがもうなんか愛おしくてつらい……

・こんな人だと本当だよのあたりのカールの表情があんまりにもあんまりにもかっこよくてなんなんだよ紅ゆずる。かっこいいよ。こんなん惚れるわ。なんか、切実さがすごいあってもうあー好き

・こんな私と遊んで下すって←この言い回し最高にかわいい大好き

・今回の退団者の華鳥礼良ちゃん。宝塚に出会って一年、キラルであのクラブの歌い手の女の子めっちゃ歌うまいなーから過去作品を見ても歌声が素晴らしいなー次の公演でも歌うかな、楽しみだな!と思った矢先の退団発表で、めちゃくちゃショックだった。その中でのこの、一番の恋の盛り上がりのタイミングでのソロ歌唱。歌詞も、ビア祭りプロローグで歌ってる歌詞とちょっと違って、あっちは「触れた手の中でこの想いを溶かしていく」なのにこっちは「触れた手の中に心押し止められずに」なのでなんというかうわぁぁあもう情熱!!情熱!!恋の炎!!って感じで二人の恋の盛り上がりの最高潮をガッツリ歌で表現する、という大役ですよ。芯が通った力強さがありながらも、澄んだ歌声で劇場をいっぱいにしてくれてありがとう……ちゃんと劇場で貴女の声が聞けてよかった……このシーンはいつもいつも声が美しすぎて泣いてた。

・ゆかいな船員たちのシーンで好きなのは「俺の金だーーー!!」って叫ぶリコの後ろで意地悪そうに笑う音咲いつき小桜ほのかコンビです 笑っちゃうよねー仕方ない

朝チュンシーンのグーテンモルゲンガールズかわいい 花をマルギットにお渡しするのに最後はまた返されて持ち帰るのにふふってなる

・ここのあーちゃんのお衣装が大変かわいい 水色のワンピ似合うねー 「おめぇそんなに嬉しかったのか」のあと、何も言わずに踊るだけなのもいいよね……そんなに嬉しかったのか

・その後でてくる美稀千種さんの一人芝居がとにかく大好きなのでここでオペラをすっっと上げてしまう ホルガーおじさんかわいい パンはあっしの自慢でございますでなぁ……

・プロポーズシーンいいよね 余裕のないカールがとても良い(なんか後半一回若干弱めの芝居のときがあってそれはそれでよかった) 個人的には東京前半くらいのマルギットの「なぜ……?」の言い方がすごく好きだったな……なぜ?のぜの響きが好き……プロポーズされたあたりからあーちゃんうるうるしてるのでうっかり着物は二枚のところでもうるうるしちゃったときもある

・二枚だぞ!三枚は!の手の数え方がかっこいい

・あなたは私を拾い上げて、食べさせてくださるのね……?←上流階級が染み付いてやがる感じの発言最高 貢ぎがいしかない

・家を借りても直後に飯作るのむりだと思うからちゃんとホルガーおじさんの手料理食べてったほうがいいと思う

・空気を読めないホルガーおじさんがかわいい そしてひたすらニコニコしているだけのマルギットはあんまり聞いていなくてカールがひとりそわそわしてるのがかわいい 最初の「おいこらオッサン黙れ」って小声で言うの、後半の紅節で出てきた感じなのかな。新人公演だと咳払いもなんかあんまりなかった気がしてあれは紅さんだからやってるのか!?と驚いた覚えがある ホイガーが話してるときは険しい顔してるカールが「ええ♡」ってマルギットが言った瞬間の一気に顔でれっとするのがよい

・「ホルガッ!」←声がかっこいい

・ここのじーーーーーっと見つめる天寿光希が超好き ちょっと爬虫類じみた感じがあった 瞬きめっちゃ少なくて異質感強くて良い

・客席降りシャブことビアまつり捜索シーン。真横に顔のいい男女が!!(全員女性)1Fで見てるとフロリアンシュザンヌがめっちゃビアまつりの男女に絡まれてて面白かった。ムラだとまた通路の広さが違ったらしいのですれ違い方が違うとかあったらしい……

・ビアまつり捜索シーンの樽乗って探すヨーニーベティのかわいいがすぎる ヨーニーの動きのキレが異常 ここの左右の市民娘もかわいいよー

・ビアまつり捜索シーン、1Fで見ると船乗りズがめっちゃ客席に話しかけててすごかった かわいいー!見なかったー?とかこういう人ーみたいに言ってた気がする

・直前のカウフマンの旦那+部下の刑事ズはめちゃくちゃ有能そうだったのにこのタイミングでのカールのような男とマルギットのような女の二人のあたりを捕まえるところがへっぽこで可愛かった おちゃめな天寿光希が出ててかわいい このタイミングで一応シュザンヌをかばうフロリアンはやさしいと思う

・かァもめよぉーー←ステキ♥ 千秋楽はヅラ外してたね!新人公演はふつうにくらっちがかわいかった

・というかみきちぐさんと英真さんなので、カウフマンの旦那が二人を探している、ということでホイガーが探し回ってプローストの酒場にまでたどりついてこの作戦思いついて実行したのかと思うとなんかほっこりする

・レストランシーン。まっさきに目に入る星蘭ひとみ・極美慎の異様に顔が良くてキラキラしてるペア 顔がいい 顔だけでキラッキラしてるすごいって感じさせる二人の顔がすごい。特に今回の芝居では複数のカップルの対比の一つとしての「生まれながらの貴族カップルの典型」としての存在として成り立っている。佇まいだけでお育ちがよい「社会のお手本」として成立させるのはもはや技術の域。そうそうできない才能だしこの配役大正解!!ってなった。問題はつい顔がきれいなので前に配置されるとつい見ちゃうから困ること。

・紫りらお姉さま好き。拓斗れいさんも歌がうまいというかさすが上田久美子先生なだけあってエルベで歌うモブみんなうまいんですよね。歌のうまい市民の男女、貴族、酒場の女揃えやがって……新人公演もモブがみんな歌がうまくてすごくよかった。

・カールマルギットじゃない方のボート、最後はロープでひっぱってもらってかえるのかわいいけどあれどうなってんだろ(川の状態が

・高そうなお店でそわそわしちゃうカールはかわいい ここはたけーんだよ!

・そちらのお方は面白そうなお方ですこと、のマインラートのおば様が最高に上流階級の言い回しで良い

・カールです!←面白そうなお方らしい陽気で元気な声がいい

・カールと顔を見合わせて気がついた上アンゼリカの悲しそうな泣きそうな表情が最高というかアンゼリカはひたすら最高 今回の久美子のミューズはアンゼリカだろ

・ロンバルトさんいいよね……最初はアンゼリカとカールの様子がおかしいのを察しつつも「妻を、ご存知なのですか」とちゃんとカールに丁寧に話しかけてるんだよね。それでいて二人の様子を察して妻を避難させるんだよな……。どっかのブログかTwitterで読んだけど、他の貴族は「水夫」と彼らを呼ぶけどロンバルトだけは「船乗り」というの、水夫のほうが若干侮辱的な意味合いがあるかららしいね。

・そして警察とパパとフロリアンがくるシーン。このシーン完全に見どころは「確かに祭りの熱に浮かれて私は恋をしたのかもしれません!」とマルギットが言ったタイミングのカールの表情です。言われる前までは二人抱き合って俺が守る!みたいな顔なのに一気に目からハイライトが消える感じがすごかった。マルギットが首にナイフを突きつけたあと、からの最後の暗転まで、なんというか放心が奥にある感じの表情がめちゃんこつらい。

・黙って銃を構えるカウフマンとの間に手をすっとあげるフロリアンの顔がいつみてもかなしそうでかわいそう。つらい。眉間のシワがひたすらつらそう(今回全体的にそう

・mマルギットォ!!!←一樹千尋さんのこの最後のォがすっっっごく好き 毎回今日のォも最高だったな!!ってぐっとしてた

・舞台が転換してシュラック家の近く。ひろきのお兄様の真顔ギャグシーン。ヨーニーが最初にひろきのお兄様に詰め寄ってうざいうざいされてるのかわいい。石投げてもボチャン!ってなってるのかわいい。トビアスが石投げた一回目での「!!」が頭上に観えるのような驚き方がかわいい。喋る声もうるさければ黙ってても大ぶりに感情示すヨーニーかわいいなーー!

・一回花道のところでマルチンらがその中の誰か一人に90度お辞儀してたのは何をしてたんだろう あそこでわちゃわちゃする船員たちすごくかわいい

・健康だけがとりえなだけあってめちゃくちゃ足が速いベティちゃん(新人公演の瑠璃花夏ちゃんも足が速かった

・真ん中に移動したタイミングでぼーっとしながら餌らしきものを撒いててきっちり大物釣るオリバーがハイパー可愛いシーン ぼーっと餌まくのかわいい

・あいつもあいつも羨ましいマルチンの言い方がかわいい というか船員全員かわいい お金は返してほしいよな

・最後にやってくるロンバルトとアンゼリカ、やっぱりアンゼリカのことを心配してるロンバルトが優しくてもうなんか……でもアンゼリカも貴族に嫁いだものとしてロンバルトの顔を立たせようとしてるんだよな……

・結婚披露パーティ。ここの一連でひたすら見てたのは「カール、フロリアンの喋ってない方」と「アンゼリカとロンバルト」でしたね……。受け取る側の芝居が本当に大事なシーンだったな……

エドガーくんいやみったらしいけどピアノちゃんと弾けるのはさすが貴族

・最初にフロリアンに話しかけるひろ香祐ことヘルマーさんは本当にフロリアンを友人だと思ってくれてる、フロリアンさんが心配で声かけてくれてるんだな感があってよかった。ひろ香祐さん上手いよね……歌もダンスも芝居もできてまじで全面的に上手くて好き……

・カールがフカールの話したときのフロリアンの「えぇーーーっと……これどうしよう……」みたいな表情が好きです。番狂わせおもしろい。当初フカってどんな魚だろ……ってわからなかったから想像つかなかったけどなるほどフカ……

・このタイミングでフロリアンに話しかけるヘルマーさんの超訝しげな顔が好き。「え、あれ大丈夫なの?」みたいに話しかけてる

・「ハッハッハ、面白かったよ、カール」からの「いやみんな全然笑ってねーじゃねーか」はあの緊迫感のある状態から客席に笑いを出させるの、さすが紅ゆずる間のとり方が関西人って感じ

・カールが喋ってるときの星蘭ひとみちゃんの顔が常にドン引きしてるのが最高 それに相対してやや嫌味な笑顔をたまに浮かべる極美慎も良い。

・ここで出てくる漣レイラエドガー。カールとの一触即発のシーンでエドガーを大輝真琴さんが止めるのオトナって感じで良い

・また突き飛ばされるフロリアンさん、うまく行かないなぁって悲しそうな顔でかわいそう がんばって空回り感

・百姓になるのあたりでフロリアンさんがぎゅっと左手を握ったあとに「マルギットに百姓などどとてもできやしない!」って叫ぶの、マルギットのことばっか考えてるな感がすごくて好き。というかフロリアンくんは本当にマルギットのことし考えてなくて本当にマルギットの愛情のこと以外はわりとどうでもいいと思ってるんだね……フロリアンのスピンオフ小説がほしいぞ……。なんでそんな惚れたの。フロリアンも大人に見えて余裕ないよね……本当に君は……。

・マルギットは一番の目的が「お父様に認めてもらう」だけどカールは最初っから「マルギットと一緒にいる(家なんて関係ない)」だからまじでこの辺噛み合ってなくていつ見ても辛いやつ よく見なくてもマルギットがお父様とやりあってるタイミングのカールが常時虚無な顔しててつらい

・シュザンヌちゃん……それはフロリアンの恥が増えるだけだからやめて……

・お父様登場シーン、なんというかお父様我が家の恥を晒しておかわいそうにと思ってしまう。マルギットが言うこと聞かないもんね……ここでの二回目マルギットォ!も最高です

・浅ましい出来事をみせてくれるな!と言い放つお父様の発言でアンゼリカ顔を俯かせるのが最高なんですよね……というかここ、明示的に上手でかつ観客に顔を向けているのがアンゼリカなので、一言も喋らないけどアンゼリカを見せたいんですよね……。カールが出てきた瞬間もたしか顔をそむけていて、それをロンバルトさんがちょっと離れたところから見てアンゼリカに声をかけようとするタイミングでまた真ん中で何かが起こって、みたいなのが繰り返される。アンゼリカは昔付き合っていた男があんな風に扱われるのがすごく辛いんだろうな……というのとロンバルトはアンゼリカのこと大切にしてるんだろうな……というのが感じられるいーいシーンです。一言も喋らないのに!

・お父様がマルギットのそこにいる母ではない話をし始めたときのフロリアンはすでに知ってたのかなーって思いながら見ていた。どちらかというとシュラックの家の恥がバレてそのあとのマルギットの立場が悪くなるのが嫌だったのかしら。どっちなんだろう。他の人に比べるとだいぶ驚きは弱かったから……

・この辺、会話劇が後半だいぶスピーディになってた。押しに押してたしな……

・去り際、ヘルマーいいやつだね……って思いながらいつも見てました。ひろ香祐くんありがとう……

・お義父さんに話しかけるフロリアンのあたりの感情の強さが、公演前半と後半と比べるととても強くなっていってたのでたいへん良かったなぁと思います。マルギットの愛情のことなんです、の言い方とか。フロリアンさんの手をひたすら見てた回があったんですけど、やっぱりお義父さんに意見するのは怖いよねーーーお義父さんめちゃくちゃ威厳あるもんねーーって思いながら見てました。

・そのあとのわくらばの恋のあたり、シュザンヌに「もうそんな恋はしないわ……」って言われたあと、顔をあげる一瞬のフロリアンのじゃっかん吹っ切れた?みたいな表情が好き。なんともいえない表情してるんすよ

・お前さっきは知らない状態でシュザンヌちゃんに向けて「もしも君が誰かを愛したなら」って歌ったけどシュザンヌちゃんの思いを知った上で「僕だっていつかは別の人を愛するかもしれない、あるいは、君を愛するかもしれない」は本当にシュザンヌちゃんにひどいこといってるからフロリアンくんは後で謝ってあげてください。お前は本当にマルギット以外の人間の愛情はどうでもいいんだな!!

・胸が潰れそうに苦しいよ、がどんどん苦しそうになっててよかった

・それはそうとて一回目のわくらばの恋と二回目のわくらばの恋は明確に二回目の方が苦しみが強くていいよね……いーつか!のあたりがすごーーく強くなっていっててうわぁぁっなった

・荒々しくピアノひくあーちゃんかっこいいけど普通にうまいよねすごいなぁ多彩だ

・マルギット、ピアノをおやめ。やめるんだ。の言い方

・琴フロリアンくんのかわいくてちょっと微妙なところは「君は悪党ぶって楽しんでいる男だよ、カール」の言い方がちょっとちゃきちゃきした陽気な礼真琴が顔を出しているところ。この点においてはぴーすけの方がずっとノーブルさが保たれててよかった……

・マルギットへ ここの兄貴の言うことをちゃんと聞きなさい お父様の部屋から帰ってきたカールも同じことをしてるでしょ 愛しているなら、信じるんだってちゃんと覚えておきなさい

・財産目当てで君に告白してきた男だっていくらでもいるんだよと言われたマルギットの、ずーっとむぅーってむくれていた顔が若干「えっ」ってなってすぐまたむぅーー……ってなるのがよかった

・足投げ出してるカールさんが本当にカールを愛しているかい?ええ、愛しているわ……のあたりのやりとりで一瞬ちらっと二人の方を見るのがよかった そりゃ気になるよね

・愛しているなら、信じるんだ。の声のトーンがはちゃめちゃに好きでした。

・カールに嬉しそうに話しかけるマルギットの話を背中で聞くフロリアンかわいそう

・カールの話を途中で終えてフロリアン!って話しかけにいくマルギットに背中を向けられたカールまじで虚無の顔してるからお前マルギット……

・二人の気持ちは、おんなじだった。のだった、という言い方が気になって気になってしょうがない。同じである、なのか同じであった、なのか……。この時点で相当揺らいでいるカールがつらい。

・手袋を脱ぎ燕尾の尻尾を丁寧に処理してピアノに座り、さらにピアノまで弾く姿まで見せてくださいまして、誠にありがとうございました。

・ここで前半にカールが言ったでてきた「まごころ」という単語がここにきて出てくるのあまりにも見事で見事で震える……カールはあのころからずっと一貫して真心をもっていたがマルギットはあくまで祭りの熱に浮かれた恋だったんだもんな……

・東京公演前半は僕は君を愛している!の方が強かったような気がするけど後半は君かカールの心をもてあそぶ女になることが心配なんだ、の方が強くてよかった。マルギットのことを愛しているよりも、マルギットが人としていけないことをしている方がつらいよね……(すでにフロリアンの心は弄びきってるのはおいておく(フロリアンかわいそう

・マルギットの手をつかもうとしたのにさっと手が引かれた瞬間の悲しそうなフロリアンの表情は最高ですね……

・ご機嫌な一樹千尋さんの声が可愛い

・カールの愛想つかし、前半は全然嘘を言っていないんだよな……父親が全然了承しないから金をもらっただけなんだよな……諦めるしかなかったんだよな……と思うとめちゃくちゃつらい。その後はわざとつらくあたるけど、決してマルギットが嫌になったわけじゃないんだよなぁ……本当にカール、お前さん、いい人なんだねぇ……

・フロリアンさんの悲しそうな怒りの声大変よい

・直前にカールは愛してると言ってただろ!!お前思い出せマルギット!!でもそこがマルギットがマルギットたる所以なんだよな……

・マルギットの背中にぴったりくっついて耳元で威圧するカールの演技めちゃくちゃ好きでした。優しい男らしい男だったカールが、全然知らない恐ろしい存在っぽくて。普通にあの距離で凄まれるのすごく怖いだろうなって演技。

・噂の上田久美子先生が心震えた(?)マルギットの背中を札束で殴るシーンはついガン見しちゃうよね……めっちゃいいよね……細かくふるえるあーちゃんの背中がせつない

・言うことはそれだけかのあとにフロリアンがカールをぶつけど、あのとき上手端の方から見るとフロリアンめっっっっちゃ悲しそうな顔してて下手端の方から見るとこっちはこっちで怒りとかではなくてなんか悲しそうであのシーンの言葉のないやり取りは本当に本当に良かったと思う……

・最後の高笑いで出ていくの本当に好き……悪役貫こうとして……つら……

・なんでこのタイミングでシュザンヌ出てきたんだろう もうちょい早くても良かったのではとは思う

・最初の頃は「私は誰も信じないわ。私自身でさえも、信じないわ」の言い方がだいぶ諦めに近かった気がするんだが、新人公演で水乃ちゃんマルギットがかなり激し目だなと思ったらどんどん激しく言うようになった気がする。個人的には諦めの方が好きかも

・俺がもし、文士なら。のシーン。後半どんどん間合いが長くなってきたな感があった。ここの台詞回しいいよなぁ……。「俺は、じゃねぇ。僕は、だ。ぼくは、」がこれだけで身分差の恋の辛さが出ててすごい。ここのタイミングで前半楽しかった時代と同じ歌歌うのずるいよ……

・後半になるにつれてアンゼリカが出てきたあとの紅さんの芝居がめちゃくちゃヤケ力が高くなってたな。仕方ないよねヤケにもなるよね。ここでボロボロで泣きぬれてるカールと身綺麗にしているアンゼリカの対比もいいよねというか音波みのりさんは本当に美人だなぁぁぁーーー。ここの「それは本心なの……?」にうっかり泣かされたりもしました。

・さらにここのロンバルトさんがいい男……ムラ版だとアンゼリカがシガレットケースをちゃんと見せるけど東京版は見せなくなったらしい。きっとロンバルト自身にも思うところはあったのだろうが「いつものレストランで食事をしよう」と普段の妻に接するのと同じ接し方をするロンバルトさんは本当に大人……

・夜の埠頭のタイミングのいくつかのカップル、漣レイラ華雪りらカップルが軽くリフト?持ち上げ?をするのが好きだった。いい体格差!漣レイラくんは大きい体でダンス大きくて好きです。 ひろ香祐、紫りらコンビもさすがダンス踊れるーって感じで見てて楽しかった。

・ブーーラーーーボーーーー!!!←つらい

・ひろきのお兄様の銀橋ソング、いい餞別シーンだなぁって思ってみてた。銀橋で顔がキラキラしてらっしゃった……後ろの酔っぱらい二人が起こされるのがなんかかわいいのとその後に激マブ市民澄華あまねちゃんを見るのが好きだった。あとやっぱりベールかぶらされてお姉さまにあそばれるヨーニーがかわいい。トビアスから一式もらったときの動きもかわいい。顔見えなくてもオーバーな動きだからどんな状態かわかるヨーニーはかわいいねー!

・最後の酒場のシーンはみんな食料で遊びまくってて可愛かったな……大物にかぶりつく子が多くて笑う。小桜ほのかちゃんがプレッツェルを車のハンドルにみたててヨーニー突っつきに行ったのとか可愛かったな……ヨーニーもはじめてのプレッツェル美味しかったようでなによりだね!

・あばよ!!が最後のひろきのお兄様の最後の台詞なの、本当に……しかも超幸せに去るのが本当に……

・「デュッケさん、私達も送ってっていい?」と聞いて「片付けてからな!」って言われたエリカちゃんなのにエリカちゃんだけ他の子に行っていいよって押し出されてお手伝いしないでオリバーと一緒に出ていくのかわいい

・ヴェロニカママーーー!!!!ヴェロニカママ、前半はもっとこのタイミングもというか泣きつかれるまで酔ってる感じの日があったのに後半になるにつれこの辺酔うのは抑えてたなって感じがあった。軽め酔っぱらい演技が可愛すぎるよママ。そりゃモテるよ看板娘だよ。金をもらった、のあたりのあんたって人は……みたいな悲しそうな慈しみの表情がいつも最高だったよママ……もちろんカールの演技も良かったんだよな……マルギット、って声の響きがもうな……慈しみばっかでつらいな…、。あんまりにも可哀想でなぁは本当にあんまりにも可哀想だよって思わせるパワーがあったよ……あんたっていい人なんだねぇ本当は……。そこそこの打率でジャバジャバ泣いてしまったよ……。

・でもカールを送り出したあとのヴェロニカママのいい飲みっぷりもまた最高 さすが酒場の女、つらい出来事を酒で流すのになれている

・地味にここでデュッケさん役の瀬稀ゆりとさんも別れに乾杯させてもらってて上田久美子って奴ァ……

・船乗りズが戻ってきて船が出るってよシーン、オリバーに忘れ物すんなよ、ってマルチンがちょっとリーダーっぽいトビアスっぽい役目になったのかなって感じられて好きです

・マルギット、フロリアンがきたシーンの、かなしーいーってさぁーって言い方がいちいち好きですヴェロニカママ。

・探しにいくシーンの銀橋が青く染まるの、本当にきれいだよねぇ……。静かな青い色でさ……

・このシーンこそまさにカーカーなくカラスみがあるカーーールだなってたまに思ってごめん

・このタイミングでせりが下がってるので紅さん待機して、マルギットフロリアンヴェロニカが花道に行く前に盆が回ってせりがあがってきてスタンバイすんだろうなとかいろいろ考えて楽しかった

・カァァーーール、シュナイダァァァーーーー←めっちゃいい声 顔が複雑すぎる 悲しそうなんだが若干安堵があるんだか

・鴎の歌二回目。一回目も実は二回目と同じ場面なんですよな。最初は無表情に近いのに、「別れし人のまつ毛にも似て」で一度悲しそうにちょっと笑って、その後は遠くを見ていく表情、そして歌い終わりおわったあと、幕が降りる前にまた笑ってなんだけども、いかんせんこちらはそれまでの恋を見てきた身なので、その笑顔の表情に悲しさとそしてただひたすらの愛、しかも届かない愛を感じさせられてもうなんか泣いたよね……。すごく絶妙ーな表情でいろいろこちらに気持ちをもってこさせる感じが大変よい表情だと思います。

 

大変いいお芝居でしたね……大好きでした……

 

エストレージャス

もはやまとめ書かなくてもいいや。思い出し書きしていきます。

NHKBSで1/3かなんかに放送したやつを見たときは「えっ……時間たつの長い……これ何回も見るの……えっ……」って思ってたけどなんで生で見ると秒で過ぎ去るのかよくわかんないショーだった。いろいろ言いたいことはなくはないが、楽しかったです。

・最初の紅さんとあーちゃんがシンクロして動く手の動き好き

・衣装が青くてきれい

・プロローグというかテーマソング、だっせぇ!!!って思ってたのに気づいたらめっちゃ好きになってた不思議

・顔がいい男の後ろに顔がいい男がでてくる星組の不思議感あった

・途中の手拍子はアガる

・客席降りは頭がおかしくなるから気軽に使うなっていったじゃないですか!!!!!!(ファンサ席探しまくってまじで頭おかしくなったし結局ファンサ席には座れなかった

・それでも1F20列30番台に座れたのであーちゃんにタッチしました。かおちっっっっっさ 腕ほっっっそ 手袋さらさらスッッッベスベ

・客席降りで客席湧きまくるタイミングで組子50人以上vs白妙なつシーンのと白妙なつ様大好き あれ完全に組子に技術に信頼ないとできないよね あれソロでやんのはすごいよ……でも合唱だと微妙になりそうなところだからソロで正解だよ……白妙なつ様かっこいい……

スターライトパレード大好き!!琴ちゃんの上向いて目を細める笑顔がすごく好きなのでそれ見放題だったの最高だった!!ぼくたちをのぼの音程とか好きでした

・POP STARのひろきのお兄様は最高にキラキラのPOP STARだったよ……

・POP STARの曲を思い出そうとすると歌声七海ひろきなのに踊ってるのは澄華あまねちゃんまた華鳥礼良ちゃんになるバグがまだ発生してる 澄華あまねちゃんの髪型ドレスカラー大正解最高かわいい 華鳥礼良ちゃんは青いドレスと髪飾りがきれい……お花……

・POP STAR、マブい顔を見てるとマブい顔が飛び込んでくるの困る きさくん顔が可愛い音佳くんもかわいかった

・前楽で下手2Fで華鳥礼良ちゃんをオペラでガン見しながらえぐえぐしてたら天華えまくんに二回ほど視線をいただきました オペラ把握力が高いファンサありがとう安易に嬉しかった

・僕はペガサス君はポラリスの「僕の心を蒼く染めるよ」の歌詞と歌声が好きすぎていつも泣いていた。華鳥礼良ちゃんの、伸びやかで芯がありつつも透明な歌声が本当に好きなんだと思う。あの子の歌声はわりと寒色のイメージだったので、今回のこの歌詞も相まって、深くて澄んだ青から紺色って感じでああ美しいな、って思う。

・行かなくちゃ桜の花びらが夜に散ってしまう前に、ってひろきのお兄様が最後に歌った日、日比谷公園の桜が一本だけ八分咲になってたのはあまりにも出来過ぎてて泣いてしまった。いい餞別シーンだなぁ……

・最後の一列に並ぶところでの澄華あまねちゃん、ウインクはしないものの瞬きからの顔ぱあってのが可愛すぎて死ぬかと思った

・星夢!星夢!紅さんのタバコシーンかっこいい!!

・漣レイラとひろ香祐のパワーダンスのつながりもすっごくいい ひろ香くんお芝居も歌もできんのにダンスこんなできたんだ……しゅごい……

・このシーンはお衣装がばらばらで見てて楽しいけど大輝真琴さんと音波みのりちゃんのコンビについ目が奪われがちだった 顔が好き ロングヘアーもお似合いだし大輝真琴さんのウェーブの前髪は天才 万里柚美さんもすごい髪型してる あとコーラスがじつは好き

・星夢の後半、みんなが舞台前方と銀橋に移動するタイミングでBack組が待機するのを見るのが好きだった。密かに選抜星男(顔がいい)の回転寿司って呼んでてごめん。あとBackに贔屓がいる女、星夢の銀橋に出る拍手忘れがち

・Backさぁーーー、その歌声から入るのずるくないーーーー???一音目のきの息多めの歌声天才。での音も天才。い行の歌い方が好き。というかなんであんだけ踊ったあとに安定しかない歌声が出るんだ。録音じゃないんでしょ?ってレベル(録音だとしてもめちゃくちゃうまい)あと何回見ても動きがよくわからない めっちゃ動いてることだけはわかる 全面的にすっげぇなぁ……ってなるシーンだった……銀橋出てからの歌い方も好き というかみんなあれだけ踊ってるのに声のブレ少なくてすごいけど一人だけ異次元感あってなんなんだろう あとダンスめっちゃ揃っててびっくりした あと礼真琴がイケメン割って出てくるのがモーセ呼ばわりされるの笑う

・Backのときに下手から琴ちゃんをを見ようとすると朝水りょうくんの立派な前髪が目に入って戸惑うので困りました

・HotStuffもなんか気づいたら好きになってた 星男ギラギラしてんねー!落としに行ってやるぜ感最高。天華えまくんのスライディング、好きでした

・その後の娘役群舞もギラギラしてんねーー!!みんな強そうな美女みがあってすき。ここでも紫りら様のダンスがひかってらっしゃった

・このタイミングでチラ見させるロケットガールズがまたなんか妖艶でいいですね あやしげ

・SUNNYの直前のちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっの礼真琴の動き

・顎でくらっちを呼びつけるひろきのお兄様には興奮をした

・SUNNY最後のチャチャチャッチャチャチャッっの一回目のポーズが好きです 琴ちゃんの喉元が好物です

リベルタンゴはきりっとした感じのデュエダンでわりと好き。

チャンピオーネ、NHKBSで見たときはなんなんだろうと思ったけど生で見るとめちゃくちゃ楽しい 組子同士がわちゃわちゃしてるのは楽しいなぁ……

・客席降りでくらっちとはるこさんとを間近で見たけどあんなに近くで美人を見ると新鮮に恋をしてしまうので危険 あんるねーさんも後半来てくれて嬉しかったタッチしたひんやりしてた 天寿光希がダッシュでおばちゃんにタッチしにいってダッシュで戻ってきたの見たときはときめいた あとしどりゅーが去ったあとしばらくいい匂いもしてた

・あんまり見られなかったけど客席降りのタイミングで舞台にのってる男役ズの動きがみんないちいちかわいい 肩組んでてゆれてたりした

チャンピオーネのメロの振り付けめちゃくちゃかわいい

・下手通路で客席降りしてる華鳥礼良ちゃんと琴ちゃんがハイタッチするのを見るのが日課でしたが、前楽の日はハイタッチどころか掴み合いみたいになっててどっちも男前で好き!!ってなった

・紅さんだいすき中型犬礼真琴が可愛すぎてだめ 中型犬だと思います あーちゃんもニコニコでいい笑顔で最高愛され紅ゆずるももちろん最高トリデンテ可愛すぎてだめ 千秋楽、ライビュ映像でも多分いつもより大きい声で歌ってるのわかってなんかぐっときた チャンピオーネは完全に紅ゆずるのための場面で紅さんのいないチャンピオーネ逆に見たくないから全ツでは別場面にしてほしい

チャンピオーネラスト、ロケットへつなぐ音のチャッチャッチャーチャッ☆での紅ゆずるのポーズが最高に最高にキュートで大好きだでした いつもかわいいーー♥ってなってたけど千秋楽で変わっちゃって全国のみなさんにお届けできなかったのが勝手に悔しかった 

・ロケット、今回は下手一番端の瑠璃花夏ちゃんにオペラとられまくったので全体見られなかったのが残念……だって最後に特大すぎるウインクすんだもん!みたいじゃん!ロケットのプロローグアレンジ大好き

・星サギ一発目の天飛華音くんの横顔顎首筋ラインがきれいだった

・2階1列目50番前半はシリウス席(指さされた

・1階で見るとあーちゃんがいきなり出てくる感じあって「あ、運命の女の子が出てきた」って感じがあったのめちゃくちゃよかった

・サソリーズ悪い顔してる子が多くて可愛かった

・えのきの王様礼真琴を見るたびにおつかれー!!今日も頑張ったねーー!!フワッフワだねーー!!って気持ちになった 入のキラキラましましの音が好きです それにしてもいっぱい踊って本当に大変そうだね……

・千秋楽でこのシーンの退団者がちょっと前に出てくるタイミングで胸元にすみれ色の花がついてるの見たときに、「あ、やめちゃうんだ」ってめちゃくちゃ実感が来てしまって本気で号泣した それまでもやめるんだなって思って泣いてたけど、なんかさらに一段腑に落ちてしまって一気にきてその後もぼったぼた泣き続けた……(今も思い出して泣きそうになってる

・円形になるシーンとかはやっぱり2Fで見たほうがきれいだし俄然2Fのが好きです

エストレージャス終わっちゃうな……今日も瞬間だったな……ってだいたいせおっちのせり上がりで感じる

・せおっち歌がうまくなって……あと最後にバチコーン☆ってでかいウインクしていくの星男みが強くて最高

・あーちゃん中心娘役群舞。ここのあーちゃんのビジュアル最高すぎて大好き。そして定期的に私のオペラを奪う紫りら様 すごいくねらせ方してて最高 りら様のダンスの攻め攻めの姿勢がめっちゃ好きなんだと思う

・からの情熱大陸……ちょっとずつ近寄ってくる情熱大陸……なんで情熱大陸なんだ……やっぱりあの音に合わせて踊るのちょっと面白いぞ……フフってなっちゃうぞ……久々の黒燕尾に組子はテンションあがってるようで何よりと思って見てました 最後の方には揃ってきてたね!(含

・デュエダン!!逢いたくていま!!ほのかちゃん!!!歌い方はほのかちゃんのが好きです!!

・最後に床に星が投影されて、あーちゃんがくるっと回るとスモークがふわっと散ってそこが星空になる演出があまりにも綺麗でよかった。

・紅さん本当にあーちゃんのこと好きだねぇ……

・上手から銀橋渡る前、紅さんから手を差し出すの、完全にエルベの対になっててもう泣く。エルベは前半に銀橋に出てくるタイミングでカールがマルギットに手を差し出して手をつないで真ん中まで来るんですよね……最後のデュエダン、歌詞といい表情といいカールマルギットの幸せifルート説ありますけど、多分意識的にやってんだろうなー。ファントムもそうだったんだけど、悲恋ものの美しいifルートを見せつけられると、なんかやるせなさ切なさ諸々で泣いちゃうよね……。本当に好きなデュエダンだった。公演途中でだいぶ大きめにハァッッて息を吸うのはやりすぎだったとは思いますけど。

・華鳥礼良ちゃんのエトワールは本当に美しかったな……いつも素敵な歌をありがとう、って思いながら見てました。

 

千秋楽はライビュだったんですけど、紅さんについては、劇の後半は全然気づいてなくて(ヴェロニカママシーン芝居がドライ方面に切り替わってた?とは思った)、エストレプロローグでマイクおかしい…、?って思ったらあーちゃん琴ちゃん普通だったから、あ……紅さんの体調が悪いんだ……ってずっとハラッハラしてたけど、個人的にはチャンピオーネで言ってくれたのは安心した。あのロケット前最高かわいい紅ゆずるポーズがなくなったのは残念だったけど……。それと同時に、組子の底力はめちゃくちゃ感じたな……。普段通り以上のパワーが出ててプロだなって感じました……

 

よし!!こんなもん!!!私が楽しいから書いただけなので雑に締めます!!!初めて通ったのがこの公演で良かったなー。本当に全然飽きなかった。星組のことめっちゃ好きになったよ!!次の食聖がめっちゃ楽しみ!!!その前に全国ツアーです!!初めての遠征で梅田北海道行くぞ!!

2018年に買ってよかったもの5選と今年の振り返りと来年の目標

もうすっかり年の暮れってやつですね。いやぁ一瞬。

というわけで振り返ってみましょう。

2018年買ってよかったもの5選 

宝塚歌劇団東京宝塚劇場花組公演 ポーの一族 3/4 11:00開始公演立ち見券

ヅカオタ人生の記念すべき初観劇。

日曜の当日券だったので始発でマジで人がいっぱいいたけども見られて何より……マチソワ通常公演を選んだ自分、えらいぞ!ちなみにヅカオタ始めて9ヶ月経った今なら「さすがに花組ポーの一族の休日当日券は博打すぎるから、さすがに平日有給取っていけ」って言います!

ちゃんとこのときに「た、た、た、楽しかったぁぁぁーーー」って頭がやられたので今の自分があるんでしょう。

 

宝塚歌劇団東京宝塚劇場星組公演 ANOTHER WORLD 7/18 18:30開始公演立ち見券

今一番好きな人の、素敵な役が生で見られて良かった!!!!!これほんとうに見られて良かった!!!!背中を全力で押しまくってきたオタク仲間のみなさま、ありがとうございました。

 

もうこの調子だと5つ全部チケットかよ!ってなるのでヅカはここで止めておきます。

まぁ……Twitter等ご存知の方はわかるでしょうけど、今年一年は宝塚に頭を狂わされた一年でした。

 

通勤用リュック

かわいいリュックがほーしーいー!と探してたどり着いたのがサッチェルバッグ。値段とデザインから、BRITISH MADEさんで購入。

www.british-made.jp

革だからか背負いにくかったり、ポケットが少ないし蓋開けなきゃいけないからめんどくさかったり、マチが小さいのであんまり物入らなかったり、リュックみたいに背負おうとすると上の部分一点で支えるから型が崩れやすかったりするがかわいい。ただその一点で買ってよかった。

 

Pixel3

ついにPixelの最新作が出たぞーー!!

なんか今までのスマホの最新作、そんな動きがちょっと早くなるくらいでしょ……?とか思ってましたが、Pixel3はウリであるカメラ機能がまーーー素晴らしくて!!黒猫こんだけ綺麗に撮影できるの素晴らしい!!!ありがとうPixel3!!!!

 

https://www.instagram.com/p/BruNpvhA1TM/

#ilovecats 今の私の視界です おなかあったかい

https://www.instagram.com/p/BqH2QyyAnbN/

#ilovecats 妖怪作業殺し

細かい砂とかホコリまでバッチリだね!!(よくない

 

ルンバ

初代ルンバが5年間頑張ってくれたけども最後うまく動かなくなったので買い替え。そのときに「Wi-Fiにつなげるモデルだとなんか楽しいらしい」と聞いたのでそのモデルを購入。

機能としてはあまり変わらないが、「アプリでどのくらいの範囲を掃除したかが見られる」「終わったタイミングで通知してくれる」などが起こるのだが、月曜と木曜の15時くらいに「ルンバが掃除を完了しました!」という通知が来たりするとなんかほっこりするので毎度毎度癒やされる。

ルンバ内のゴミがたまりすぎてたりなにかしら引っかかって正常に終了できないときは通知で助けを求めてきてそれもなんか可愛くて好き。

 

今年の目標と達成状況

bloominfeeling.hatenablog.com

今年の目標は転職する!で見事に達成でしたーぱちぱちぱち

ちなみに去年の目標のダイエットですが気がついたらするすると戻ってきていてまた今痩せようと必死です。ここ一ヶ月はランニングをはじめました!!!年末年始に気を抜きすぎずがんばるぞ!!!!!

 

来年の目標

本職がAndroidのアプリ作ってる人だし、作りたいアプリもあるのでアプリを一本作る、で行こうと思います!!!

あと遠征をする、です(目標っつーか決まってるっつーか全ツ楽しみですね!!!!

 

今年一年振り返って

まあ……まさか宝塚にこんなズッブズブになるとは思ってなかったっすよね……転職して自分比で一番稼いではいるので、そのままチケット・グッズ等に消えていっていて苦笑しかできません!!!!楽しい!!!!!あと未来の話しすぎ!!!!(チケットは数ヶ月先のものを狙う戦争が常に起こる

来年末にはどうなってんのかなー元気にヅカオタやってんのかなーでも推し好きー♡が続けば確実にやってるんだよなーいかんせんジャンルクソビッチだからなー。

来年も程よく楽しくオタク活動できればいいなと思っています。

 

というわけで2018年お疲れ様でした!!2019年もよろしゅうお願いいたします!!!