おどらにゃそんそん

好きなものを摂取しながら楽しく生きたい

リアル脱出ゲームとか体験型エンタメ好きな都内近郊の人間は8/23までにDAZZLEのSHELTER行こうぜ!!

ブログの名前も変更して、楽しく踊っていこうと思います。浅見潤です。

元気にギャーギャー騒ぎつつ踊っていたフォロワーに導かれて、SHELTERというイマーシブシアターに行ってきました。 それがなかなか楽しかったので紹介ブログを書こうと思います!!

SHELTER

特に記載のない引用は上記サイトからだと思ってください! ネタバレ禁止なので上のサイトから読み取れる以上のことは書いてない、はず…… (問題ある記述あるよ!って場合はここのコメントかTwitterのリプライで指摘いただけるとありがたいです

TLDR(なげーよ要約しろ)

目の前で繰り広げられるバキバキのダンスパフォーマンスがよく、 リアル脱出ゲーム的なものと群像劇が相まってなかなかに面白かったし、

8/19-8/23の18時開始回、21時開始回がまだまだ買えるので、興味がある人は今すぐチケット買って行ってくれよな!!

行くならできれば全身黒とか紺とかの無地の服で行ってくれ!!

イマーシブシアターって?

本作品は建物一棟全てを舞台に行われる イマーシブシアター形式の作品です。 お客様は作品世界の一部として、時に出演者に導かれ、 時に自分の意思で建物内を自由に移動しながら、 様々な場所で繰り広げられるパフォーマンスを 五感で「体感」していただきます。

どうやら日本だと今回の公演の主催のDAZZLEさんが先陣きってやってるみたいですね。 ワンピースとかとコラボしてたとかすごいな!

場所ですが、今作はWebチケットなんですが、チケットを購入したタイミングで住所が判明します。 本当に普通のビルを上から下まで使ってました!

複数の部屋があって、各部屋を回ってその中で起こるものを見ていく、というシステムです。

運動量が多いかと心配かもしれませんが、だいたい1時間45分で2000歩くらいでした。(私のFitbit調べ エレベーターがない建物で上の階行ったり下の階行ったりするのでちょっと大変だなと思う人はいるかも。私はそんな辛くなかった。

あとベースは「演劇」なので私語は公演中はだめです。(一応筆談は可能っちゃ可能

SHELTERって、どんなお話?

あなたは幸運だ。 このシェルターに、入れたのだから。 外を知っているだろう? あんな世界で、人がまともに 生きていけるはずがないんだ。 ここは平和だよ。 あの9人がなぜか均衡を保っているから。 新入りのあなたに、 シェルターでうまくやっていく コツを教えてあげよう。 人それぞれに物語がある、 ということを尊重するんだ。 自分が正しいと思った瞬間、 大切なものを見失ってしまう。 もちろん、あなたの物語も、尊重される。 誰かが、壊そうとしない限りはね。

どうやら外では何かが起こっていて、シェルターに入れば無事らしい、そのシェルターでのお話です。 上を見ればわかりますが、あの9人(先頭に上げた)が何故か均衡を保っていた状態でした、が。という話です。 最終的には「誰かが、壊そうとしない限りは」の「誰か」を当てるのがゴールのようなものでした。

あと主催のDAZZLEさんはダンスカンパニーで、なんと直近のお仕事に宝塚歌劇団花組のCASANOVAの振り付けがあります! 宝塚のオタクーーーー!!!見よーーーー!!!!

www.dazzle-net.jp

どう楽しかったの?

ここからは私のお得意の楽しかったことをだらだら書くことするねー 大体時系列!!

開演前注意事項説明が良い

まず前提として、観客は「シェルターの新入り」なので、注意事項は「シェルターの新入りが行っていいこと、だめなこと」として説明されます。 その説明に合わせて、群舞があるんですよ!

ダンス集団によるバッキバキの群舞で「新入りとしての心得」を叩き込まれるのでこの時点でテンション上がりましたね……

ダンスが!!うまい!!すごい近くでやってくれる!!

前述のとおり、主催はダンサー集団のDAZZLEさん。+客演のダンサーさんたち。 とにかくダンスがばっきばきですごかった!!いいよねダンサーの肉体制御!!身体の止まり方がすごい。なぜそう狙ったところ、タイミングできれいに止まるんだ……

ダンス見るだけでも迫力めちゃくちゃありますし、めちゃくちゃ距離が近かったです。(普段宝塚くらいしか見ない女なので小劇場とかだと違うとは思うけども……) どんくらい近かったかというとあるタイミングで前に床に座ってたお姉さんが足当たりそうで頑張って何回も直してて大変そうだあと思う程度には近かった。マジで最前だと目の前50cmのところに手が出てくるみたいなレベルだった

あれもこれもやりたくて体が足りねえ!!!

後半になると自由に歩き回れるフェーズが始まるのですが、前述の通り今回のお話は「壊そうとする誰か」を当てるお話です。 自由に歩き回れる際には、触れていいところとかもあって、ヒントを探し回ることができます。

そうですリアル脱出ゲームの要素です。

SCRAPのリアル脱出ゲーム好きにわかるように例えるなら、「ヒミツキチオブスクラップの最初のヒント探す感じ+ちょっとだけアジトみたいに棚とか触ってもいい箇所とか触れるくらいのかんじ」です。 しかしそこまで本気のムーブは多分しなくて大丈夫です。多分引き出しは素直に引き出しの中のみでオッケーとかそういう感じだと思います。

そしてこれはリアル脱出ゲームではありません。「シアター」です。 何が起こるかというと、建物のいろいろな部屋で芝居が発生するのです!しかも同時多発的に! あの部屋では○○と××が喋っていて、こっちでは△△と□□が言い争いして、みたいなのが同時に起こってたりします。多分。 一人で全部見るのは多分不可能なんじゃないかな……

そうやってちょっとずつ話が気づかないうちに進んでいくのです、困った!気づかないうちに進むんじゃあないよ!!

その細かい芝居の中でもきっちりとダンスで魅せてくれるので、探索をせずに芝居だけ追っててもすごい楽しいと思う。 私は探索してないで芝居もっと見ればよかった!!って思いました。

これは……通う人出るわわかるわ……と納得感のある仕組みでしたね。

普通に演者が廊下を歩いててビビる、なぜなら彼らも我々と同じく、このシェルターで「生きて」いるから

イマーシブシアターのおもしろいところ!!! 上のように建物内のいろんな部屋で芝居をするためにはいろんなところで移動する必要があります。 普通に廊下を歩いたり、真横を通ったりするのです。

それがなかなか新しい感覚でとても楽しかったです。 そうだよね、シェルターの一員だから普通に廊下も歩くよね……って感じでより没入感が高まりました。

楽しそうだねどうすればいい?

楽しそうでしょ!楽しかったんだよ!

なぜこのブログを私が書いたと思う?なんと!これを読んだ人がまだ行けるかもしれないからです!!

SHELTER

日程を見てください!今日が17日、公演期間は24日まで! もう土曜のチケットと金曜最終回のチケットはないですが、なんと平日3公演、社会人にも行きやすい18時、21時開始もあるよ!!! エンタメは基本的には一期一会、終了時期がきっちり決まっているので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね♡

もしも行きたい人は是非全身黒や濃い紺やグレーなど、くらーい服装で行ってください!没入が高まります! 私の行った回は8割以上全身真っ黒でした……同じチームにどピンクのトップスの人がいたけどちょっと目立っちゃってましたね……

あと結構階段の行き来をするので、ロングスカートはやめたほうがいいかも。多少地べたに座るシーンも多いので、あまりにきれいな格好はやめましょう。 荷物を預けるところはないはずですので、両手があくリュックまたはボディバッグがいいと思います。 私はボディバッグで行ったけど大正解でしたね。折り畳めない日傘とかは厳しいかも。

あとなんか書きたいことは?

フォロワーのオタクが騒いでくれたおかげで、今日楽しかったなぁ、と思えたので、私も騒ぐオタクになろうと思っての記事でした。 今後はこういう新しいタイプの演劇とかも増えていくのかなー。なかなか、普段の演劇鑑賞では楽しめない、良いエンタメだったと思います!!