お豆腐メンタル混沌記

あんまりお豆腐メンタル感ないけどだらだらと書きます。料理ネタ多めですね。

夜見る夢と現実で揺らぐ。

本日早朝、地震がありましたね。久々に大きな地震だった。

地震が起きる直前に、なんか、目が覚めた気がしたのです。

最近、人間の記憶とか認識なんてものすごく曖昧なもんだなーって感じます。

私は最近、よく夜中に目覚める、気がします。
元々眠りの浅い人間ではあるのだけれど、それにしても、夜中に一度か二度目覚めている気がする。
(といっても睡眠って最初三時間の深い眠りで十分らしいのでいいやーと最近は割り切ってます。残りの三時間寝てるのは趣味だよ、趣味!)
本当に病んでて昼間昼寝しなきゃ生きられなかった頃は嫌になって何時に起きてるのかスマフォでスクショ撮ってたんですが、まぁやめなさいって言われたのでそれもやってないですが。
なんか、「よく目覚める気がするな」って思うと、本当に目覚めた気になるもんだし、
目覚めたのかなーまぁなんとなく目覚めた気もするけど、無視しようと思うと「夢の中の出来事」に近くなる。

早朝の地震も、きっと目覚める前から揺れていて、揺れたから目覚めていたんだろうけども、自分の中では「目覚めるほんの直前に起きた気がする」状態だった。
そう思うために「目覚める直前の記憶」を捏造したんじゃ?と思ってます。

遠い昔の過去だって、「漠然とした印象」でしか語れない。もちろんその当時の記録からより明確な印象にはなるけれど、あくまで過去を評価するのは自分だからなーと思う。

何が言いたいかというと、まぁ、人間なんて不確実なもんなんだなってことです。うむ。